見たもん勝ち ~建設業応援団~

現場が抱えるジレンマ⑦ 電子と紙の二重納品-職員間の共通認識図れ

2015/04/01特集企画/PR

建設メール

「電子納品なのに、なぜ工事写真を毎回印刷しなければならないのか」と嘆く、ある市の工事を受注する企業の技術者。検査時には、当然のように紙とデータの両方を要求されるという。CD納品を行っている自治体には、こういった事例が多いと聞く。
国に続き、群馬県でも工事写真などのCD納品が始まり、その後、受発注者間の情報共有機能や保管管理機能を備えた『ぐんま電子納品システム』の運用が開始された。ただ、現在は県土整備部の土木関連案件にのみ同システムが活用され、他部局では活用されていないのが現状だ。あるA等級の工事技術者は、他部局でのシステム活用拡大を訴えるが、別の企業の技術者は「紙とデータの二重納品が大きなストレス。電子納品なんてやめた方がいい」と異を唱える。確かに、同部が昨年、受注者へ同システム利用による業務負担の軽減に関するアンケートを実施したところ『過度な電子化、検査時・納品時に紙またはCDでの提出を要求される』といった理由もいまだに多かった。
県では職員向けの操作説明会や指導・通知により、電子納品に関する見解の相違が生じないよう周知徹底に努めている。その反面、土木事務所などの出先機関へは通知文の周知が図られているが、工事や委託業務の入札が少ない本庁の課職員には、十分浸透されていないといった見方もある。結果として、その課職員が4月の定期異動で土木事務所などへ配属された際、通知文に沿った対応をせずに成果品の二重提出が生じているという。要は、職員間で共通認識がとれていないことが問題と言える。
建設産業の発展には、若者の入職が不可欠だ。しかし、現場で日々、業務に追われる技術者が時間の有効活用を強く願う中、いまだ二重提出といった足元の課題が存在する。それが解決されなければ、建設業の人材確保には到底つながらない。国交省は二重納品防止に動き出した。自治体に是正を求めたい。

全記事一覧に戻る

お問い合わせ

RSS配信について

サポーター会員募集

更に利便性が高まります!

  • 閲覧制限なし
  • 検索機能制限なし
  • 複数PCで利用できます

各種入札関連資料の収集に

ぜひご活用ください!

会員登録について

トピックス

NEWS

●ゴールデンウィークに伴う情報更新停止のお知らせ●
ユーザー各位
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】4月29日(水)~5月6日(水)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は5月7日(木)より登録されます。

NEWS

●営業時間短縮のお知らせ●
平素より建設資料館、弊社WEBサービスをご利用いただきまして、ありがとうございます。
新型コロナウイルス感染拡大防止等を受け、弊社の営業時間を下記のとおり短縮しております。この間、電話によるお問合せも下記のとおりとなります。ご利用の皆様には大変ご不便をおかけいたしますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。
■営業時間短縮
対応期間:4月13日(月)~4月28日(火) ※今後の状況によっては延長も検討
営業時間:10:30~17:30
建設データ株式会社

NEWS

現役税理士による建設業向け税金豆知識コラムをスタートします(週1掲載)。融資に強い決算書とは?、合理的な節税方法とは?など、経理面・税金面の「読んでみて少しタメになる話」を寄稿していただきます

NEWS

冬期休業に伴う情報更新停止のお知らせ
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】12月28日(土)~1月5日(日)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は1月6日(月)より登録されます。

NEWS

会員登録数が1400社を超えました!構成比率は一般土木建築38%、土木8.7%、電気7.5%、その他7.1%、以下、管、総合コンサルタント、建築、造園、舗装、電気通信、資材と続いています

人気の記事・コラム

PR

総合資格学院 通信講座実施中部資格学院

入札ネット公共工事入札情報サイト

都23区の民間建築情報 建築工事情報@mail

建設データ株式会社

アテンション

回線速度が遅い場合やご使用の機器の状態により、ファイルを開くのに時間を要する場合がございますので予めご了承くださいませ。