見たもん勝ち ~建設業応援団~

『見たもん勝ち!~建設業応援団~』は、建設業に関連した記事・コラムのページです。日本工業経済新聞社提供の建設時事・業界動向・テーマ取材記事(建設メールより抜粋)、建設業従事・関係者によるコラム掲載のほか、最新の積算ソフトや資格取得関連ニュースを紹介しています。

建設メール 1ヶ月間無料お試し実施中!

2023/01/18特集企画/PR

建設メール

【企業情報】 大林組が特設サイト開設/BIM一貫利用へ自社ルール公開

大林組の特設サイト  大林組は16日、BIM一貫利用のためのルール「Smart BIM Standard(R)」(以下、SBS)を期間限定で一般公開した。企業間の壁...

掲載一覧

積算・資格news

建設メール

2023/01/20

【施工管理技術】 2級の3職種で「第一次検定(後期)」合格者決まる2023/01/20

 全国建設研修センターは管工事、造園、電気通信工事の3職種を対象に、昨年11月20日に実施した2022年度2級施工管理技術検定「第一次検定(後期)」の合格者を19日...

業界動向

建設メール

2023/01/20

【12月の公共工事動向】 請負金額8・4%減/3建設業保証統計2023/01/20

 北海道建設業信用保証、東日本建設業保証、西日本建設業保証の3社による2022年12月分の公共工事前払金保証統計が公表された。請負金額合計は6283億円で前年同月比...

建設時事

建設メール

2023/01/20

【盛土規制】 建設業法でも罰則強化/監督処分基準改正図る2023/01/20

 国土交通省は新たな盛土規制となる宅地造成および特定盛土等規制法(通称・盛土規制法)の施行に合わせて、建設業法に基づき大臣許可業者への罰則を強化する。役員などが懲役...

建設時事

建設メール

2023/01/20

【事業促進PPP】 5タイプ分類など/ガイドラインを改正し2023/01/20

 国土交通省は直轄の事業促進PPPに関するガイドラインについて、年度内の改正を目指している。基本的な方向として導入する段階や目的に応じ▽総合型▽単独型▽技術支援型▽...

建設時事

建設メール

2023/01/19

【BIM/CIM】 24年度から内容拡大へ/23年度の原則適用受け2023/01/19

 国土交通省は2023年度のBIM/CIM原則適用に続いて、24年度以降は高度なデータ活用を目指して拡大を図る考え。原則適用により適用数を拡大、中小規模の企業を含め...

建設時事

建設メール

2023/01/19

【BIM/CIM】 23年度原則適用に/直轄土木の設計・施工2023/01/19

 国土交通省は2023年度、BIM/CIMの原則適用に入る。直轄の土木を対象とした業務・工事で、特性に応じて義務項目と推奨項目から発注者が選択して行う。義務項目は視...

特集企画/PR

建設メール

2023/01/18

【企業情報】 大林組が特設サイト開設/BIM一貫利用へ自社ルール公開2023/01/18

大林組の特設サイト  大林組は16日、BIM一貫利用のためのルール「Smart BIM Standard(R)」(以下、SBS)を期間限定で一般公開した。企業間の壁...

業界動向

建設メール

2023/01/18

【建設業景況調査】 資材価格は上昇傾向が続く2023/01/18

 北海道建設業信用保証、東日本および西日本建設業保証がまとめた、2022年度第3回建設業景況調査(12月調査)によると、資材価格(BSI値)は前期比で0・5ポイント...

建設時事

建設メール

2023/01/18

【下請取引実態調査】 90%が工期、請負金額認める/下請負人からの変更交渉2023/01/18

 国土交通省と中小企業庁は2022年度に実施した、建設工事の下請取引の調査結果をまとめた。調査から指導対象評価項目で不適正な取引に該当する8548業者に対し、指導票...

業界動向

建設メール

2023/01/17

【12月の公共工事動向】 請負金額は7・2%減/東日本建設業保証2023/01/17

 東日本建設業保証は、前払金保証工事から見た2022年12月分の公共工事動向を公表した。請負金額は3710億円で前年同月比7・2%減。件数は同比2・3%減の7761...

建設時事

建設メール

2023/01/17

【入札契約制度】 市町村支援へ新方策/ハンズオン支援で対象募集2023/01/17

 国土交通省は2023年度からの新たな取り組みとして、地方公共団体の入札契約改善に向けたハンズオン支援に乗り出す。都道府県単位を基本に管内市町村が参加した勉強会など...

積算・資格news

建設メール

2023/01/16

【施工管理技術】 2級の土木で「第一次検定(後期)」合格者決まる2023/01/16

 全国建設研修センターは13日、2022年度2級土木施工管理技術検定「第一次検定(後期)」の合格者を発表した。昨年10月23日に、「土木」「鋼構造物塗装」「薬液注入...

建設時事

建設メール

2023/01/16

【入札契約改善推進】 支援案件の募集始まる/27日にウェブ説明会も2023/01/16

 国土交通省は2023年度の「入札契約改善推進事業」について、支援案件募集を2月28日までの日程で開始した。多様な入札契約方式の導入・活用や発注方式の工夫、施工時期...

建設時事

建設メール

2023/01/16

【維持管理の今後】 複数年度契約拡大など/改善に向け取り組む2023/01/16

維持管理部会で議論を深めた  国土交通省は維持管理における建設生産・管理システムの循環改善に向けて、複数年度契約の拡大やフレームワーク方式の活用拡大などを進めたい考...

積算・資格news

建設メール

2023/01/13

【施工管理技術】 1級土木の「第二次検定」は7032人が合格2023/01/13

 全国建設研修センターは13日、2022年度の1級土木施工管理技術検定「第二次検定」の合格者を発表した。昨年10月2日に全国13地区32会場で2万4462人が参加し...

建設時事

建設メール

2023/01/13

【プロポと総合評価】 年度内の改正掲げ/実情に合わせガイドライン2023/01/13

 国土交通省は、建設コンサルタント業務等におけるプロポーザル方式および総合評価方式の運用ガイドラインについて、年度内の改正を計画している。13日に開かれた発注者責任...

建設時事

建設メール

2023/01/12

【建設投資見通し】 23年度は約69・9兆円で前年度上回る予測2023/01/12

 建設経済研究所は12日、「建設経済モデルによる建設投資の見通し」(2023年1月版)を公表した。今回、感染症対策と経済の両立による経済社会活動の回復などといった状...

建設時事

建設メール

2023/01/06

【23年度予算案】 国交省と厚労省が連携/建設業の人材確保・育成2023/01/06

 建設業の人材確保・育成に向けて、国土交通省と厚生労働省は連携して関連施策を進めており、2023年度当初予算案でも引き続き多角的な取り組みを行うため事業費を盛り込ん...

建設時事

関東地整発

2023/01/05

【関東整備局】 部局間連携強化へ「流域治水推進室」を設置2023/01/05

 関東地方整備局は、1月1日付で「関東地方整備局流域治水推進室」を設置した。整備局内の河川部局やまちづくり部局間の連携を一層強化し、関東管内の関係者との連絡調整や、...

建設時事

建設メール

2023/01/05

【国土交通省】 DX推進で官房参事官/23年度の組織・定員2023/01/05

 2023年度の国土交通省組織・定員が決定した。  組織の関係では、経済好循環の加速・拡大に向け、インフラDXの推進やグリーン社会の実現、集中的な統計改革の推進など...

インタビュー

建設メール

2023/01/05

【新春インタビュー】 斉藤鉄夫国土交通大臣/DXによる変革へ「躍進の年」/中長期的見通しで公共投資2023/01/05

「社会資本整備の役割はますます重要になる」と話す斉藤大臣  斉藤鉄夫国土交通大臣は2023年の新春インタビューで、中長期的な見通しの下で安定的・持続的な公共投資を推...

記者の目/論説

建設メール

2022/12/28

【2022年を振り返る】 CCUSの技能者登録100万人超える2022/12/28

2022年の主な出来事 ◎CCUSが新たな局面に突入  建設キャリアアップシステム(CCUS)の技能者登録数が10月末の時点で約102・4万人に達し、2019年4月...

建設時事

建設メール

2022/12/27

【持続可能な建設業】 価格決定構造の転換も/工事契約金額と賃金で2022/12/27

 国土交通省は、27日に開いた「持続可能な建設業に向けた環境整備検討会」の6回目の会合で、建設工事における契約金額と賃金決定の構造を転換する案を議論用として提示した...

積算・資格news

建設メール

2022/12/26

【一級建築士】 「設計製図試験」は3473人が合格2022/12/26

 10月9日に全国56会場で行われた2022年一級建築士試験「設計製図の試験」の合格者が26日に発表された。実受験者数1万509人のうち、3473人が合格し、合格率...

建設時事

建設メール

2022/12/26

【23年度農水省予算案】 公共事業費は6983億円/前年度と同水準を確保2022/12/26

 政府が23日に閣議決定した2023年度当初予算案のうち、農林水産省関係の予算によると、公共事業費は対前年度当初比3億円増の約6983億円で、前年度と同水準を確保し...

建設時事

建設メール

2022/12/26

【23年度政府予算案】 防衛関係予算に6・8兆円/防衛力強化で大幅増2022/12/26

 政府が23日に閣議決定した2023年度当初予算案のうち、防衛関係予算として6兆8219億円を計上した。このうち防衛力整備計画対象経費は6兆6001億円を占め、新た...

建設時事

建設メール

2022/12/26

【23年度政府予算案】 公共事業費6兆円を確保/強靱化関係に3・9兆円2022/12/26

 政府は23日に2023年度予算案を閣議決定した。注目の公共事業関係費は6兆600億円で、前年度当初比約26億円増加の微増とした。防災・減災、国土強靱化関連予算(公...

建設時事

建設メール

2022/12/23

【人事異動】 気象庁長官に大林正典氏2022/12/23

大林正典氏  国土交通省が2023年1月5日付で発令する人事異動では、気象庁長官に同庁気象防災監の大林正典(おおばやし・まさのり)氏が就任する。  大林氏は1985...

建設時事

建設メール

2022/12/23

【監理技術者制度】 途中交代の条件合理化/マニュアル改正で1月から2022/12/23

 国土交通省は、建設工事の適正な施工を確保するため「監理技術者制度運用マニュアル」を改正し、関係部局や建設業団体などへ通知した。特定建設業の許可が必要な下請代金の額...

建設時事

建設メール

2022/12/23

【国交省23年度予算案】 公共事業費は5・2兆円/前年度比で微増を確保2022/12/23

 政府が23日に閣議決定した、2023年度当初予算案における国土交通省の予算は、国費総額が一般会計で5兆8714億円、うち公共事業関係費は5兆2502億円で前年度比...

全記事一覧に戻る

お問い合わせ

RSS配信について

サポーター会員募集

更に利便性が高まります!

  • 閲覧制限なし
  • 検索機能制限なし
  • 複数PCで利用できます

各種入札関連資料の収集に

ぜひご活用ください!

会員登録について

トピックス

NEWS

●冬期休業に伴う情報更新停止のお知らせ●
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】12月29日(木)~1月4日(水)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は1月5日(木)より登録されます。

NEWS

●夏季休業に伴う情報更新停止のお知らせ●
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】8月11日(水)~8月16日(火)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は8月17日(水)より登録されます。

NEWS

●ゴールデンウィークに伴う情報更新停止のお知らせ(04/29~05/08)●
ユーザー各位
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】4月29日(金)~5月8日(日)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は5月9日(月)より登録されます。

NEWS

会員登録数が1600社を超えました!

構成比率は一般土木建築27%、指定なし7.9%、その他7.5%、土木7.4%、電気7.1%、以下、管、総合コンサルタント、舗装、建築、電気通信、資材と続いています。

NEWS

●冬期休業に伴う情報更新停止のお知らせ●
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】12月29日(水)~1月4日(火)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は1月5日(水)より登録されます。

人気の記事・コラム

PR

総合資格学院 通信講座実施中部資格学院

入札ネット公共工事入札情報サイト

都23区の民間建築情報 建築工事情報@mail

建設データ株式会社

アテンション

回線速度が遅い場合やご使用の機器の状態により、ファイルを開くのに時間を要する場合がございますので予めご了承くださいませ。