見たもん勝ち ~建設業応援団~

『見たもん勝ち!~建設業応援団~』は、建設業に関連した記事・コラムのページです。日本工業経済新聞社提供の建設時事・業界動向・テーマ取材記事(建設メールより抜粋)、建設業従事・関係者によるコラム掲載のほか、最新の積算ソフトや資格取得関連ニュースを紹介しています。

建設メール 1ヶ月間無料お試し実施中!

2024/02/21特集企画/PR

建設メール

【企業情報】 24年問題の対策学ぶ/ウエブセミナーを開催

 ダイテック(東京都品川区、野村明憲社長)は、3月8日に「建設業『時間外労働上限規制』のポイントと対策セミナー」をオンライン形式で開催する。4月から適用開始となる時...

掲載一覧

積算・資格news

建設メール

2024/02/22

【経済調査会】 価格騰勢は一服感/基調は「横ばい」局面へ2024/02/22

 経済調査会は、積算資料3月号で2023年度の建設資材価格動向を振り返り「資材価格の騰勢は一服し、基調は横ばいへ転じているといえそう」と報告した。  世界的な資源相...

コラム

日々の栞

2024/02/22

〈日々の栞〉 大事なのは「きっかけ」2024/02/22

▼新型コロナが5類感染症になり、もうすぐ10カ月になる。かつての日常が戻ってきていることを実感する場面も増えた。外国人も含め観光地への人出も増加し、以前のにぎわいが...

建設時事

建設メール

2024/02/22

【BIM/CIM】 作成要領を改訂へ/3次元設計でロードマップ2024/02/22

 2023年度からBIM/CIMの原則適用を開始した国土交通省は、これまでの成果などから土木分野の24年度実施内容について示した。3次元成果物作成要領の改訂、3次元...

建設時事

建設メール

2024/02/21

【建設業法と入契法】 処遇改善と働き方など/担い手確保へ改正案2024/02/21

 国土交通省が今国会に提出を予定している建設業法と公共工事入札契約適正化法の改正案は、就労状況を改善なおかつ担い手確保を目指し、処遇改善に向け賃金引上げ、労務費への...

特集企画/PR

建設メール

2024/02/21

【企業情報】 24年問題の対策学ぶ/ウエブセミナーを開催2024/02/21

 ダイテック(東京都品川区、野村明憲社長)は、3月8日に「建設業『時間外労働上限規制』のポイントと対策セミナー」をオンライン形式で開催する。4月から適用開始となる時...

積算・資格news

建設メール

2024/02/21

【新労務単価】 上限規制対応求める/技能労働者へ適正賃金を2024/02/21

 国土交通省は、16日に発表した設計労務単価の引上げを踏まえ、都道府県など地方自治体、建設業団体、民間発注団体へ「技能労働者の適正な賃金水準の確保について」要請を行...

建設時事

建設メール

2024/02/20

【水道行政移管】 3課1官体制で臨む/上下水道審議官グループ2024/02/20

 厚生労働省から水道行政の移管を受ける国土交通省は、組織体制として本省に局長級の上下水道審議官と、官房審議官(上下水道)を新設。上下水道審議官グループとして、3課1...

建設時事

建設メール

2024/02/20

【入札契約】 透明性確保は重要/復興工事5件の契約変更で2024/02/20

 斉藤鉄夫国土交通大臣は20日の会見で、一部報道であった東北地方整備局発注工事での契約変更についての考えを述べた。東北地方整備局が発注した工事4件について、計5件総...

業界動向

建設メール

2024/02/20

【CCUS】 アサヒ飲料が参入/新たな応援自販機登場2024/02/20

 建設業振興基金が協力しているCCUS応援自販機に新機種が登場し、その1号機が錢高組の現場に導入されている。新機種はアサヒ飲料が開発したもので、電子マネーなどの電子...

建設時事

建設メール

2024/02/19

【技術者制度】 専任制を明確化/支援者はマニュアル改正へ2024/02/19

   国土交通省は15日の技術者制度検討会へ、監理技術者等の働き方改革への対応を示した。専任の取り扱いの明確化と、支援する者の配置についてで、短期的な検討...

建設時事

建設メール

2024/02/19

【流域治水】 3月15日まで募集中/オフィシャルサポーター2024/02/19

 国土交通省は、流域治水のオフィシャルサポーターの2024年度の募集を開始した。3月15日まで受け付けている。認定されると国交省ホームページで企業名、主な取り組みな...

業界動向

建設メール

2024/02/19

【土木学会】 4月に講習会を実施/土木構造物共通示方書が発刊2024/02/19

 土木学会(田中茂義会長)の構造工学委員会、土木構造物共通示方書改訂小委員会は、「土木構造物共通示方書(2023年制定版)」を3月に発刊する。発刊に併せて内容を解説...

業界動向

建設メール

2024/02/16

【日建連・全建・全中建・建コン協】 技術者・労務単価の引き上げを歓迎2024/02/16

 日本建設業連合会(日建連)の宮本洋一会長、全国建設業協会(全建)の奥村太加典会長、全国中小建設業協会(全中建)の土志田領司会長、建設コンサルタンツ協会(建コン協)...

積算・資格news

建設メール

2024/02/16

【設計等技術者単価】 前年度比5・5%増/12年連続で上昇2024/02/16

 国土交通省は16日、給与実態調査結果に基づき3月から適用する「設計業務委託等技術者単価」を公表した。全20職種が対象で、基準日額の全職種平均は4万6880円、対前...

積算・資格news

建設メール

2024/02/16

【設計労務単価】 12年連続の5・9%増/確実な賃上げを働きかけ2024/02/16

斉藤国交相  国土交通省は16日、3月から適用する公共工事設計労務単価を明らかにした。2023年度に行った公共事業労務費調査に基づき決定したもので、全国全職種(51...

建設時事

建設メール

2024/02/15

【高速道路TNなど】 区画柵11km設置へ/暫定2車線の正面衝突防止2024/02/15

 国土交通省は暫定2車線の高速道路で、長大橋梁とトンネル区間の区画柵を正面衝突事故の防止対策として試行している。2024年度以降に長大橋梁32カ所(約10km)、ト...

建設時事

建設メール

2024/02/15

【林野庁】 30社が受賞の栄誉/23年度治山・林道コンクール2024/02/15

青山長官(左)から賞状が手渡された  林野庁は15日、東京・霞ヶ関の林野庁長官室で2023年度治山・林道工事コンクール表彰式を行った。近畿中国局・和歌山の長田組(上...

積算・資格news

建設メール

2024/02/15

【国交省登録資格】 新たに23資格追加/389資格に達する2024/02/15

今回新たに登録された資格(クリックで拡大)  国土交通省は15日、登録資格として新たに23の民間資格を登録した。2014年度に制度がスタートし、これまでに366資格...

建設時事

建設メール

2024/02/14

【脱炭素都市】 第1回大賞が決まる/国交大臣賞に麻布台ヒルズ2024/02/14

麻布台ヒルズ  国土交通省と環境省が創設した脱炭素都市づくり大賞の受賞者が決定した。栄えある第1回国土交通大臣賞は麻布台ヒルズ(森ビル)、環境大臣賞はイオンモール豊...

特集企画/PR

建設メール

2024/02/14

【企業情報】 「ミドリガメ」で業務効率化/打継面処理をシステムで評価2024/02/14

ミドリガメのイメージ  安藤ハザマ(東京都港区、国谷一彦社長)は13日、誰でも簡易かつ迅速にコンクリート打継面処理の評価できる打継面処理評価システム「ミドリガメ」を...

業界動向

建設メール

2024/02/14

【女性定着支援】 5年ぶりに対面開催/ネットワークが全国大会2024/02/14

5年ぶりに対面開催した全国大会  建設産業女性定着支援ネットワークの全国大会が13日、都内の浜離宮建設プラザで開催された。実に5年ぶりとなる対面開催で、出席者60人...

建設時事

建設メール

2024/02/13

【都市緑地法など改正】 国が基本方針策定/支援機構指定や認定制度創設2024/02/13

 13日に閣議決定した都市緑地法等の一部を改正する法律案は、緑のネットワークを含む質・量の両面で都市緑地の確保に向けて、国による基本方針の策定、緑地の機能維持増進事...

建設時事

建設メール

2024/02/13

【建築基準整備】 16日に説明会開催/6事業で事業者募集開始2024/02/13

 国土交通省は9日、2024年度の建築基準整備促進事業で、事業主体の募集を開始した。また16日にはオンラインで説明会を開催する。今回、新規公募を行うのは6事業。3月...

業界動向

建設メール

2024/02/13

【故・才賀清二郎氏】 功績と人柄を偲び/しめやかにお別れの会2024/02/13

 建設産業専門団体連合会(建専連)の前会長で、業界発展に尽力した故・才賀清二郎氏のお別れの会が13日、都内のパレスホテル東京でしめやかに行われた。一般献花に先立ち行...

業界動向

建設メール

2024/02/09

【土木学会】 災害対策強化は必須/被災地調査の所見発表2024/02/09

 土木学会(田中茂義会長)は7日、能登半島地震の被災地で行った会長特別調査団による調査後に所見を発表した。災害時の根幹となる幹線道路の耐震性能向上や地域建設企業など...

建設時事

建設メール

2024/02/09

【建築BIM加速化】 まず代表者登録を/小規模や改修も対象に2024/02/09

 国土交通省は2023年度補正予算で確保した建築BIM加速化事業で、代表事業者登録を受け付けている。登録締め切りは12月24日。小規模プロジェクトや改修プロジェクト...

業界動向

建設メール

2024/02/09

【1月の公共工事動向】 請負金額は3・2%減/東日本建設業保証調べ2024/02/09

 東日本建設業保証は、前払金保証工事から見た2024年1月分の公共工事動向を公表した。請負金額は2947億円で前年同月比3・2%減。件数は同5・7%減の4598件。...

業界動向

建設メール

2024/02/08

【設備投資動向】 前年比14・4%増を/1~3月の建設投資2024/02/08

 建設物価調査会は、資本金1億円以上の会社を対象に2023年12月1日時点で行った24年1~3月期の民間企業設備投資動向調査の結果を公表した。回答数は996社で、ソ...

建設時事

建設メール

2024/02/08

【森林・生活調査】 9割が木材利用肯定/教育施設での導入に期待2024/02/08

 内閣府は森林と生活に関する世論調査結果を明らかにした。その中で、建物などに木材を利用すべきとの回答は9割を超えた。また、利用を期待する施設については幼稚園・保育所...

建設時事

建設メール

2024/02/08

【港湾工事】 年度内にカタログを/設計からの新技術導入2024/02/08

技術カタログ作成へ議論  国土交通省は港湾工事に関して、設計段階からの新技術導入促進へ、全国的に共通する2つの現場ニーズについて民間技術の募集を行った。年度内に技術...

全記事一覧に戻る

お問い合わせ

RSS配信について

サポーター会員募集

更に利便性が高まります!

  • 閲覧制限なし
  • 検索機能制限なし
  • 複数PCで利用できます

各種入札関連資料の収集に

ぜひご活用ください!

会員登録について

トピックス

NEWS

●年末年始休業に伴う情報更新停止のお知らせ●
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】12月29日(金)~1月4日(木)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は1月5日(金)より登録されます。

NEWS

●夏季休業に伴う情報更新停止のお知らせ●
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】8月11日(金)~8月16日(水)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は8月17日(木)より登録されます。

NEWS

建設資料館サイトに不具合が発生し、アクセスできない障害が発生しておりました。復旧作業が完了し、現在は正常に稼働しております。
■障害の解消時間:2023/7/31(月) 12:00頃
■障害の内容:建設資料館(https://kd-file.jp/)アクセスできない
サイトが表示できなかった原因については、現在調査中です。ご不便とご迷惑をおかけいたしまして誠に申し訳ございませんでした。

NEWS

弊社オフィスビルの電気設備の法定点検実施のため、下記のとおり停電となります。
該当時間は電話お問い合わせ等のご対応が出来なくなります。
皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解ご協力をお願いいたします。

■停電日時
2023年6月22日(木) 10時から11時まで
※進捗状況によって予定時間が前後する可能性があります。

NEWS

●ゴールデンウィークに伴う情報更新停止のお知らせ(04/29~05/07)●
ユーザー各位
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】4月29日(土)~5月7日(日)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は5月8日(月)より登録されます。

人気の記事・コラム

PR

総合資格学院 通信講座実施中部資格学院

入札ネット公共工事入札情報サイト

都23区の民間建築情報 建築工事情報@mail

建設データ株式会社

アテンション

回線速度が遅い場合やご使用の機器の状態により、ファイルを開くのに時間を要する場合がございますので予めご了承くださいませ。