見たもん勝ち ~建設業応援団~

【茨城発】 ICT施工は精度・時間ともに優秀

2017/09/07建設時事

建設メール

 茨城県が発注したICTモデル工事のうち、佐々木建設(土浦市)が、つくば市内の宅地造成工事で実施したICT施工の効果検証結果が明らかになった。バックホウによる、のり面整形では、従来施工、ICT施工、従来+ICTの3パターンを比較。ICT施工が精度、作業時間ともに従来施工を上回った。従来+ICTは、ICT施工とほぼ同じ時間での施工が可能な上、精度を高めるために「切り出し位置を示す水糸を1本張る」方策が現場で編み出された。整形に秀でているICT建機の特徴を生かしながら、従来建機とともに無駄なく稼動させることが、作業効率の向上、工期短縮への近道となりそうだ。
 同工事は、昨年度に県が発注した施工者内容協議型のICTモデル工事で、掘削1万7200立方m、盛土3万7600立方mの宅地造成工事。多くの宅盤(約20区画)が存在し、従来施工では丁張設置などに多大な時間と労力が必要となるため、3次元起工測量、MCバックホウを導入した掘削および法面整形作業、MCブルトーザによる敷ならしなどを活用し工事を進めている。
 バックホウによる掘削では、従来施工とICT施工でそれぞれ出来上がり面の高さをTSにより計測。設計値との精度および施工時間を比較した。
 ICT施工による掘削は、設計データを一度作成すると、丁張計算や丁張設置の時間が必要無くなることから「丁張計算・設置時間-データ作成時間=削減時間」となる。そのため施工エリアが広ければ広いほど恩恵を得られ、今回の現場のように施工エリアが広く、宅盤数も多いと時間削減効果が期待できる。掘削時間のみを見ても、ICT施工が従来施工を上回った。
 また、丁張の設置作業には複数人必要だが、ICT施工はオペレータのみのため、人工の削減が可能となる。
 バックホウによる法面整形は、①従来施工②ICT施工③従来+ICTの3パターンで調査。作業時間については、②ICT施工と③従来+ICTがほぼ同じで、従来施工よりも約80分短縮となった。
 施工精度を見ると、±5㎝の箇所数は①従来施工が55点中27点、②ICT施工が同1点、③従来+ICTが同20点となった。なお従来施工では、±10㎝を超えた箇所があったが、従来+ICTは無かった。
 検証の際、従来+ICTはICT建機で整形した箇所を丁張代わりとし、目視によって従来建機で施工した。現場ではその後、さらに精度が高く、効率の良い方法を追求。従来建機での施工前に「切り出し位置を示す水糸を1本張る方法」が編み出され、現場レベルでは精度の向上も確認されている上、作業時間も最も短くなったという。
 今回の検証で、ICT施工の精度の高さと作業効率の良さがあらためて分かったほか、従来+ICTが、それなりの精度と時間で作業できるめどが立った。例えば、宅盤施工をICT施工で行う際は、単純な施工場所は、先にICT建機で数箇所を整形。それを活用し従来機械で残りを施工している間に、ICT建機は次の複雑な宅盤の施工に用いるなど、建機の特徴を生かしながら、無駄なく活用することで、作業の効率化、工期の短縮が期待できそうだ。
     ◇      ◇      ◇
 現場代理人を務める佐々木建設工事部の高木行男課長は、ICT施工について「これだけ土量のある現場で丁張が無いメリットは大きい」とした上で「オペレータが毎日モニターを見ているので、現場を把握しており、より良い工事の進め方などを示してくれたりする。オペレータのやる気にもつながっている」と、3次元で見えることによる効果も話した。また実際に使用し、便利さを実感しているだけに「ネックは金額。ICT建機がより普及し、金額が下がってくれれば」と期待を込めた。
 UAVによる起工測量や数量計算については、土量計算の測量作業がなくなり、人工の大幅削減が可能となる上、より正確な土量を取得することができるメリットがある。しかし、計測コストが割高なため、従来計測と組み合わせた活用も検討すべきとなった。
 県が昨年度に発注した施工者内容協議型のモデル工事を皮切りに、県内では今後ICTの普及拡大が予想される。従来型と上手に組み合わせてICT施工が持つ能力を最大限に発揮するためには、それぞれの現場での創意工夫も必要となりそうだ。

全記事一覧に戻る

お問い合わせ

RSS配信について

サポーター会員募集

更に利便性が高まります!

  • 閲覧制限なし
  • 検索機能制限なし
  • 複数PCで利用できます

各種入札関連資料の収集に

ぜひご活用ください!

会員登録について

トピックス

NEWS

●夏季休業に伴う情報更新停止のお知らせ●
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】8月8日(土)~8月16日(日)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は8月17日(月)より登録されます。

NEWS

●ゴールデンウィークに伴う情報更新停止のお知らせ●
ユーザー各位
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】4月29日(水)~5月6日(水)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は5月7日(木)より登録されます。

NEWS

●営業時間短縮のお知らせ●
平素より建設資料館、弊社WEBサービスをご利用いただきまして、ありがとうございます。
新型コロナウイルス感染拡大防止等を受け、弊社の営業時間を下記のとおり短縮しております。この間、電話によるお問合せも下記のとおりとなります。ご利用の皆様には大変ご不便をおかけいたしますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。
■営業時間短縮
対応期間:4月13日(月)~4月28日(火) ※今後の状況によっては延長も検討
営業時間:10:30~17:30
建設データ株式会社

NEWS

現役税理士による建設業向け税金豆知識コラムをスタートします(週1掲載)。融資に強い決算書とは?、合理的な節税方法とは?など、経理面・税金面の「読んでみて少しタメになる話」を寄稿していただきます

NEWS

冬期休業に伴う情報更新停止のお知らせ
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】12月28日(土)~1月5日(日)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は1月6日(月)より登録されます。

人気の記事・コラム

PR

総合資格学院 通信講座実施中部資格学院

入札ネット公共工事入札情報サイト

都23区の民間建築情報 建築工事情報@mail

建設データ株式会社

アテンション

回線速度が遅い場合やご使用の機器の状態により、ファイルを開くのに時間を要する場合がございますので予めご了承くださいませ。