見たもん勝ち ~建設業応援団~

〈建設論説〉 今後5年間を無駄にするな

2018/03/30記者の目/論説

建設メール

 政府の働き方改革実行計画に基づき、建設業では労働基準法の改正法施行後5年間の猶予期間を置いて時間外労働の罰則付き上限規制が適用される。この5年間は長いのか、それとも短いのか。関係者の考え方に建設業界の命運がかかっていると言っても過言ではない。
 主要な建設業団体では、5年間の猶予期間を待つことなく、長時間労働の是正に向けた自主的な行動計画を策定し、段階的な時間外労働の削減に取り組む方針を示している。
 石井啓一国土交通大臣が3月20日に発表した「建設業働き方改革加速化プログラム」でも、猶予期間を待たず、長時間労働の是正、週休2日の確保を図る方向性が盛り込まれた。
 建設業の働き方改革の大きな目的が将来の担い手確保にあることを関係者があらためて認識し、今後5年間で業界の本気度を対外的に示すために、できることから直ちに手を付けなければならない。
  ◇◆◇◆◇◆◇
 公共工事設計労務単価の単価算出手法が変わり、大幅な引き上げが決まったのは今から5年前。その後、これまで単価の上昇が続いているのは周知の通り。単価が上がらず、下がり続けた当時の状況を考えると隔世の感がある。
 また、社会保険未加入対策は、5年間の集中的な取り組み期間を経て、加入が大幅に進んだ結果、「機は熟した」として今後は社会保険未加入業者の建設業許可・更新を認めない仕組みとするための建設業法改正の検討に入る。5年前に、この状況を予想していた人がどれだけいただろうか。
 石井大臣が「建設業の働き方改革への私どもの本気度を示すもの」と強調する加速化プログラムでは建設キャリアアップシステムについて、おおむね5年で全ての建設技能者の加入を進めることにも言及した。ここでも5年が一つの目安となる。
  ◇◆◇◆◇◆◇
 国交省の幹部は、「5年の猶予があるということではなく、5年の間に他の産業に追いつかなければいけない」と指摘する。ある業界団体の幹部も「この機会を逃せば現場の改善はできない。まだ5年あるのではなくて、たった5年しかないというつもりで取り組む」と危機感を示す。
 5年後の2023年には東京オリンピックはとっくに終わり、元号も平成ではなくなっている。将来のことは誰にも分からないが、建設投資の減少に歯止めが掛かった今こそ、受発注者を含めた関係者全員が危機感を共有し、長年の慣習からの脱却に向けた一歩を踏み出すべきだ。
 5年前から建設業界が本気で働き方改革に取り組んだからこそ週休2日が当たり前になり、担い手も確保できている―。そんな明るい未来を描くために、5年間を決して無駄にしてはならない。

全記事一覧に戻る

お問い合わせ

RSS配信について

サポーター会員募集

更に利便性が高まります!

  • 閲覧制限なし
  • 検索機能制限なし
  • 複数PCで利用できます

各種入札関連資料の収集に

ぜひご活用ください!

会員登録について

トピックス

NEWS

●ゴールデンウィークに伴う情報更新停止のお知らせ●
ユーザー各位
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】4月29日(水)~5月6日(水)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は5月7日(木)より登録されます。

NEWS

●営業時間短縮のお知らせ●
平素より建設資料館、弊社WEBサービスをご利用いただきまして、ありがとうございます。
新型コロナウイルス感染拡大防止等を受け、弊社の営業時間を下記のとおり短縮しております。この間、電話によるお問合せも下記のとおりとなります。ご利用の皆様には大変ご不便をおかけいたしますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。
■営業時間短縮
対応期間:4月13日(月)~4月28日(火) ※今後の状況によっては延長も検討
営業時間:10:30~17:30
建設データ株式会社

NEWS

現役税理士による建設業向け税金豆知識コラムをスタートします(週1掲載)。融資に強い決算書とは?、合理的な節税方法とは?など、経理面・税金面の「読んでみて少しタメになる話」を寄稿していただきます

NEWS

冬期休業に伴う情報更新停止のお知らせ
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】12月28日(土)~1月5日(日)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は1月6日(月)より登録されます。

NEWS

会員登録数が1400社を超えました!構成比率は一般土木建築38%、土木8.7%、電気7.5%、その他7.1%、以下、管、総合コンサルタント、建築、造園、舗装、電気通信、資材と続いています

人気の記事・コラム

PR

総合資格学院 通信講座実施中部資格学院

入札ネット公共工事入札情報サイト

都23区の民間建築情報 建築工事情報@mail

建設データ株式会社

アテンション

回線速度が遅い場合やご使用の機器の状態により、ファイルを開くのに時間を要する場合がございますので予めご了承くださいませ。