見たもん勝ち

【日建連】 土木技術者数の実態調査で高齢化顕著に

2018/07/17業界動向

建設メール

 日本建設業連合会(日建連)は土木技術者の年齢構成実態調査をまとめ公表した。調査は日建連公共工事委員会委員会社43社に対し実施。うち19社に対しては2012年度にも同様の調査を行っており、その19社に関しては5年前との比較を示した。それによると土木技術者は約1000人増えたが、年齢構成で最も多いのは前回が41-45歳の3025人だったのに対し、今回は46-50歳の3099人へと移行。高齢化が顕著となっているのが分かった。
 調査項目は自社社員を①土木技術者②外勤者③監理技術者資格者証の保有者④監理技術者として現場配置されている者⑤主任技術者として現場配置されている者⑥現場代理人として現場配置されている者―に分け、同じく派遣社員を土木技術者と外勤者に分けて人数を把握。その上で年齢層として20歳から65歳までを5歳ごとに分類した。
 43社の土木技術者数は3万1330人。うち自社社員2万7444人、派遣社員3886人。
 年齢構成を見ると46-50歳が5861人、51-55歳4068人、56-60歳3939人と46歳以上が上位を占めている。これに対して31-35歳2121人、36-40歳2036人で、全年齢層中で30代が最も少なく、5~10年後の先行きに不安を残す形となった。
 監理技術者のうち、40歳以下は15%。現場代理人の年齢構成も40歳以下が10%と若手技術者不足は深刻な状況。
 このような中、公共工事では配置予定技術者の評価や工事途中での交代が認められにくいことから、若手技術者が責任ある立場に配置される機会が少ない。日建連では若手技術者の確保・育成に向け、制度改革も含めた発注者側の改正を求めていく考えだ。

全記事一覧に戻る

お問い合わせ

RSS配信について

サポーター会員募集

更に利便性が高まります!

  • 閲覧制限なし
  • 検索機能制限なし
  • 複数PCで利用できます

各種入札関連資料の収集に

ぜひご活用ください!

会員登録について

トピックス

NEWS

本日より、都財務局などが閲覧できるようになりました。
東京都のコンテンツで閲覧可能になった発注者は以下のとおりです。
【工事成績評定通知書】都財務局、都朝霞浄水管理、都消防庁
【工事費内訳書】都財務局、都朝霞浄水管理
これからも快適にご利用いただけるよう、一層の内容充実に努めてまいります。

NEWS

国土交通省の開示済工事設計書等で「業務委託」の案件を閲覧できるようになりました。
これからも快適にご利用いただけるよう、一層の内容充実に努めてまいります。

NEWS

 ユーザー各位
 建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
 下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】4月27日(土)~5月6日(月)
 上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
 なお、情報は5月8日(火)より登録されます。

NEWS

本日4月1日よりリニューアルしました。ユーザーの皆様の手間ひまを省力化できるよう今後とも努力してまいります。詳しくは画面右上・リニューアルのお知らせをクリックください。

NEWS

建設資料館リニューアルのお知らせ
開設5周年を迎える建設資料館は4月1日、リニューアルします。工事成績評定書の検索項目に『業種』を追加するなど更なる利便性を図り、益々ユーザーの皆様の手間ひまを省力化できるよう努力してまいります。

人気の記事・コラム

PR

総合資格学院 通信講座実施中部資格学院

入札ネット公共工事入札情報サイト

都23区の民間建築情報 建築工事情報@mail

建設データ株式会社

アテンション

回線速度が遅い場合やご使用の機器の状態により、ファイルを開くのに時間を要する場合がございますので予めご了承くださいませ。