見たもん勝ち ~建設業応援団~

【国土交通省就任インタビュー】 事務次官・森昌文氏「持続的・安定的な予算を」

2018/08/23インタビュー

建設メール

 国土交通省の森昌文事務次官は、就任インタビューで公共事業費の安定的な確保の必要性に触れ「建設業界に対するエールも込めて、やはり中長期的に持続的・安定的な予算がしっかりと確保され、計画的な社会資本整備、維持管理を行っていけるようにしたい。業界の方々が中長期的な事業展開を見定めていく上でも、そういった予算の仕組みが大事だ」との考えを示した。今後の補正予算にも期待を寄せ「秋以降、災害復旧の補正、それと同等の安全安心な国民生活の確保に関わる費用もその中に計上して台風や地震等にも対応できるような施設整備・補強の事業も進めていければと思っている。秋から年末にかけての全体の予算の枠組みづくりと災害に関わる補正予算の議論をどのような形で進めていくのか期待をしているし、私たちとしても強く訴えていきたい」とした。
 最近の災害を踏まえて森次官は「雨の降り方と被害の出方が従来にも増して激甚化している。まずはそれに対する危機管理を、国土交通省を挙げてやっていく。また事前の防災・減災、ソフト対策の観点からは危険な状態をどのように知らせるかというリスクコミュニケーションに注力していきたい」と話す。
 建設業界に対しては「業界の方々が引き続き地域の守り手として頑張っていただけるように、どのような支援をすればいいのかを考えたい。最近は担い手不足と働き方の環境改善が特に言われているので、改善すべきところはどんどん前向きに進めていきたい」との姿勢を見せる。
 建設業の生産性向上に関しては「新しい技術を導入する一方で、人で現場を動かしていることに対する取り組み、それは余裕ある工期や休日がしっかり取れるような労働環境づくりという両方を進める中で担い手不足を解消し生産性をアップさせていきたい。いかに優秀な担い手を確保し、夢と希望を与えられるような職場にしていくのかがポイントになる」と語る。
 今後のインフラの維持管理に向けては「イタリアのジェノバで高速道路の高架橋が崩落した。原因はまだはっきりしないが、老朽化あるいは適切なメンテナンスをしなかったことが原因と言われている。これは特異な例ではなく先進国でもインフラの崩壊が実際問題として起こっている。日本でも笹子トンネルの天井板崩落を踏まえて定期的な点検を義務付けてから、ちょうど5年が経った。昨年度までの5年間で全国の橋梁、トンネルなどの点検は一通り終わったと認識している。実際にデータは集められたが課題も出てきた。現場では新設よりも修繕の方が難しい対応をしなければいけないことがあり、それを担う人が非常に少ない。また実施していくための費用が特に市町村では十分ではない。費用と担い手が大きな課題だということが国、県、市町村ではっきりしてきた。イタリアで大きな事故があったことを踏まえた時に、いかに効率的に、安価で、適正なライフサイクルコストでメンテナンスや修繕ができるかというのを、まさにこれから検討し、実行に移していくタイミングが今ということだと思う」との見解を示した。

【略歴】もり・まさふみ
 1981年東大工学部卒、建設省採用。国交省道路局高速道路課長、同局企画課長、大臣官房技術審議官、近畿地方整備局長、道路局長、技監を歴任し7月31日付で現職。59年1月生まれ。59歳。奈良県出身。

全記事一覧に戻る

お問い合わせ

RSS配信について

サポーター会員募集

更に利便性が高まります!

  • 閲覧制限なし
  • 検索機能制限なし
  • 複数PCで利用できます

各種入札関連資料の収集に

ぜひご活用ください!

会員登録について

トピックス

NEWS

●ゴールデンウィークに伴う情報更新停止のお知らせ●
ユーザー各位
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】4月29日(水)~5月6日(水)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は5月7日(木)より登録されます。

NEWS

●営業時間短縮のお知らせ●
平素より建設資料館、弊社WEBサービスをご利用いただきまして、ありがとうございます。
新型コロナウイルス感染拡大防止等を受け、弊社の営業時間を下記のとおり短縮しております。この間、電話によるお問合せも下記のとおりとなります。ご利用の皆様には大変ご不便をおかけいたしますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。
■営業時間短縮
対応期間:4月13日(月)~4月28日(火) ※今後の状況によっては延長も検討
営業時間:10:30~17:30
建設データ株式会社

NEWS

現役税理士による建設業向け税金豆知識コラムをスタートします(週1掲載)。融資に強い決算書とは?、合理的な節税方法とは?など、経理面・税金面の「読んでみて少しタメになる話」を寄稿していただきます

NEWS

冬期休業に伴う情報更新停止のお知らせ
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】12月28日(土)~1月5日(日)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は1月6日(月)より登録されます。

NEWS

会員登録数が1400社を超えました!構成比率は一般土木建築38%、土木8.7%、電気7.5%、その他7.1%、以下、管、総合コンサルタント、建築、造園、舗装、電気通信、資材と続いています

人気の記事・コラム

PR

総合資格学院 通信講座実施中部資格学院

入札ネット公共工事入札情報サイト

都23区の民間建築情報 建築工事情報@mail

建設データ株式会社

アテンション

回線速度が遅い場合やご使用の機器の状態により、ファイルを開くのに時間を要する場合がございますので予めご了承くださいませ。