見たもん勝ち ~建設業応援団~

【私たちの主張⑤】 土地・建設産業局長賞「物作りの大好きな若者と未来を創ろう」

2018/10/15業界動向

建設メール

◎錦戸豪氏(ニシノ、岐阜県)
 私は学生の頃、特別勉強が出来た訳でも無く、将来どのような職業に就くかも特に考えていませんでした。勉強は嫌いで、スポーツが好きなごく普通の学生。ただし、物を作る事に関しては、人より興味がありました。小中学校では図工や工作、高校では模型などを作ったりする時、時間を忘れて黙々と物作りをしていた記憶があります。そんな中、土木系の学校を卒業した為、訳も分からず建設業に飛び込みました。
 やることは「現場監督」。配属先は若者のいない自分の親父より少し年上くらいの人ばかりの現場。20年以上前の話なので、現場監督とは言っても腰道具をぶら下げて、ツルやジョレンを振り回しながら測量したり写真を撮ったりの毎日で、覚える事が山のようにありました。杭を打ったり、高さを測ったり、写真を整理したり。毎日そんな事の繰り返しで何度もくじけそうになりました。でも一緒に仕事をする年配の方は私を息子のように厳しくも温かく指導してくれたので、仕事は楽しかったし少しずつ覚える事が出来ました。
 入社から2年くらいたった頃、橋梁工事の現場に入ることになり訳も分からないまま先輩について工事を進めていました。橋台の鉄筋は入り組んでいて、図面は線だらけで何が何だか分からない。若いながらも現場監督の立場として現場にいた中で、私は鉄筋工の方にすごく叱られる毎日でした。現場監督ってこんなつらい仕事なの?って思う事もありました。工事も進み、いよいよ桁をかける日が来ました。前日先輩に「明日はクレーンを使って桁を吊り込むから楽しみにしてろよ」と言われ、やっと橋をかけるんだなぁって思いました。いよいよ当日、大きなクレーンで桁を吊り込むのを見てすごく感動しました。大きなコンクリートの塊が吊り上がる事、作った橋台に桁がぴったり収まる事。何もかもがすごいって思えました。すべての桁を設置出来た時に、若い現場監督見習いのくせに「俺が橋を架けたんだ!」なんて心の中で思ってしまったのは今でも先輩には言えません。かかった桁を歩いて対岸に行った時、初めて向こう側に来たような不思議な感覚だったのを今でも覚えています。子どもの頃、小さな谷の向こうに行きたくて重い丸太を渡して、渡れた時のようなそんな感覚でした。完成検査を受けて、引き渡しの時に発注者の方に「無事故できれいな現場を施工して頂き、ありがとうございます」と言葉を頂いた時には、すごく嬉しくて、苦労したこと、辛かったことは自分の中で帳消しとなりました。
 がむしゃらに現場を進めている時は日々行っている作業、例えば杭を打つ、丁張を入れるなどが仕事だと思っていました。でもその時、もっと大きなスケールで仕事というものを感じることが出来たと思います。ああ、俺たちは橋を作っていたんだと。その橋は20年たった今でも立派にかかっています。とは言っても・・・実は20 mに満たないほどの小さな橋なんです。見習いの頃は本当に大きく見えた。今でもその橋を通るたびに思い出します。ここに現場事務所があって、ここで叱られて・・ここに立って桁がかかるのを見ていたなって。その橋はこの先また何十年もそこにかかっている事と思います。
 この業界に飛び込んで23年目。時代はとんでもない速さで進化し、自分が仕事を覚えるスピードでは到底追いつけるはずもありません。電子化が進み、手作業だったことが機械化され、現場監督の仕事も大きく変わりました。しかしただ一つだけ変わらないこと。それは物を創るという事です。子ども頃に作った段ボールのおうちも、高校の時に作った橋の模型も、工事で山を切り開いて作った道路も橋もトンネルも全部物作り。規模は違っても作り上げる喜びと感動はどれも同じだと思うのです。
 建設業における構造物の寿命は長く、未来に受け継がれていきます。維持補修しながら大切に使っていきます。建設業は未来を創る素晴らしい仕事です。苦労して終えた現場はずっとそこにあり受け継がれていきます。もし構造物が無くなったとしても、苦労した思い出と完成した時の感動は忘れない。しかし現在、建設業における若手の技術者不足は深刻な問題です。物作りの大好きな若者達、私たちと一緒に未来を創っていこう。自分の息子に、この道はお父さんが作ったんだとか、自分の孫にこの橋はおじいちゃんがかけたんだぞって言えるように。そうしたらきっとその子たちがまた、次の世代に受け継いでくれます。あと何年建設業に携われるか分からないけど、そんなころのさらに進化した建設業を出来る事なら私は見てみたいと思う。

全記事一覧に戻る

お問い合わせ

RSS配信について

サポーター会員募集

更に利便性が高まります!

  • 閲覧制限なし
  • 検索機能制限なし
  • 複数PCで利用できます

各種入札関連資料の収集に

ぜひご活用ください!

会員登録について

トピックス

NEWS

●冬期休業に伴う情報更新停止のお知らせ●
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】12月29日(火)~1月4日(月)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は1月5日(火)より登録されます。

NEWS

●夏季休業に伴う情報更新停止のお知らせ●
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】8月8日(土)~8月16日(日)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は8月17日(月)より登録されます。

NEWS

●ゴールデンウィークに伴う情報更新停止のお知らせ●
ユーザー各位
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】4月29日(水)~5月6日(水)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は5月7日(木)より登録されます。

NEWS

●営業時間短縮のお知らせ●
平素より建設資料館、弊社WEBサービスをご利用いただきまして、ありがとうございます。
新型コロナウイルス感染拡大防止等を受け、弊社の営業時間を下記のとおり短縮しております。この間、電話によるお問合せも下記のとおりとなります。ご利用の皆様には大変ご不便をおかけいたしますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。
■営業時間短縮
対応期間:4月13日(月)~4月28日(火) ※今後の状況によっては延長も検討
営業時間:10:30~17:30
建設データ株式会社

NEWS

現役税理士による建設業向け税金豆知識コラムをスタートします(週1掲載)。融資に強い決算書とは?、合理的な節税方法とは?など、経理面・税金面の「読んでみて少しタメになる話」を寄稿していただきます

人気の記事・コラム

PR

総合資格学院 通信講座実施中部資格学院

入札ネット公共工事入札情報サイト

都23区の民間建築情報 建築工事情報@mail

建設データ株式会社

アテンション

回線速度が遅い場合やご使用の機器の状態により、ファイルを開くのに時間を要する場合がございますので予めご了承くださいませ。