見たもん勝ち

【建設労働需給】 11月はとび工で不足率大きく

2018/12/27建設メール

 国土交通省が11月に行った建設労働需給調査の結果、過不足率は全国の8職種全体で2・3%の不足となり、前月から0・4ポイント不足幅が拡大した。8職種中、特にとび工の不足率が最大で3・6%となっている。対前年比の過不足率では、引き続き鉄筋工(建築)の増加幅が最も大きい。職種別では全職種で不足傾向にある。
 地域別では全ての地域で不足傾向にあり、前年同月比では九州の減少幅が最大だった。今後の労働者確保の見通しについては全国・東北地域ともに「普通」となっている。
 残業・休日作業を実施している現場数は8職種で手持現場数の5・8%となり、前月比で0・8ポイント上昇した。主な理由では「前工程の工事遅延」「天候不順」「無理な受注」「昼間時間帯時間の制約」の順に多かった。

一覧に戻る

見たもん勝ち

無料会員登録

お問い合わせ

サポーター会員募集

更に利便性が高まります!

  • 閲覧制限なし
  • 検索機能制限なし
  • 複数PCで利用できます

各種入札関連資料の収集に

ぜひご活用ください!

お申し込みはコチラ

トピックス

PR

総合資格学院 通信講座実施中部資格学院

入札ネット公共工事入札情報サイト

都23区の民間建築情報 建築工事情報@mail

建設データ株式会社

アテンション

回線速度が遅い方やご使用の機器の状態により、ファイルを開くのに時間を要する場合がございますので予めご了承くださいませ。