見たもん勝ち

【試験】 実地の女性合格者が約12%に/2級土木施工管理検定

2019/02/05建設メール

 全国建設研修センターが昨年10月28日に行った2018年度の2級土木施工管理技術検定試験の学科試験と実地試験の合格者が5日に発表された。実地試験の合格者数は1万1878人で4年連続1万人を超えた。うち女性の合格者は1416人で、女性比率は11・9%を記録し、統計が残っている03年度以降では初めて10%を超えた。
 土木の合格者は学科試験が1万2274人(合格率63・4%)、実地試験が1万1698人(同35・0%)。鋼構造物塗装の合格者は学科試験が251人(同72・3%)、実地試験が132人(同28・9%)。薬液注入の合格者は学科試験が96人(同71・6%)、実地試験が48人(同28・2%)となった。
 実地試験の合格者は、所定の手続きを行うことで国土交通大臣から技術検定合格証明書が交付され、「2級土木施工管理技士」と称することができる。また本年度の学科および実施同日試験の合格者のうち学科試験のみの合格者は19年度2級土木施工管理技術検定試験で学科試験が免除となり、直接実地試験を受験することができる。

一覧に戻る

見たもん勝ち

無料会員登録

お問い合わせ

サポーター会員募集

更に利便性が高まります!

  • 閲覧制限なし
  • 検索機能制限なし
  • 複数PCで利用できます

各種入札関連資料の収集に

ぜひご活用ください!

お申し込みはコチラ

トピックス

PR

総合資格学院 通信講座実施中部資格学院

入札ネット公共工事入札情報サイト

都23区の民間建築情報 建築工事情報@mail

建設データ株式会社

アテンション

回線速度が遅い方やご使用の機器の状態により、ファイルを開くのに時間を要する場合がございますので予めご了承くださいませ。