見たもん勝ち

《連載①・総合評価工事成績を上げるには》 工事難易度高ければ、工夫の余地は『見栄え』と『安全』

2019/04/01特集企画/PR

冬虫夏草

 工事成績を上げるためにはどうすればいいのかという声をよく耳にする。
 工事難易度が高い場合、『施工管理の手引き』を熟知することが第一に大切なこととなる。Sクラス(特A)では少ないであろうが、Aクラスでは工事計画書すら不完全なものもある。
 無論、発注者サイドの担当者において、工事計画書が提出された際にチェックするのが当然であるが、しばしば検査項目の不備が見逃され、施工完了時に写真管理ができてないことが判明し、工事成績が悪くなることがある。
 本来は、最終的工事責任者は発注者であるから、発注者の初期チェックミスでもあるのだが、担当者は叱責を受け、工事成績は悪くなるという結果で落ち着く。
 舗装工事が一部にあったにもかかわらず、温度管理がなされていないなどが代表的例となるだろう。
 基本的問題はさておくとして、工事難易度の高い現場ではどうすればよいのだろうか。
 工事難易度が高い場合の工夫の余地がある点は、『見栄え』と『安全』である。
 コンクリート構造物の場合、竣工検査の時に補修跡などが明確にあれば、当然悪くなる。安全はどの業者も徹底していることから、目に見えて明確な差別化が図られていないと厳しいものがある。
 コンクリート表面の仕上げは『薬剤』があるし、安全の強化などは足場の二重手摺化などがある。
 いずれもお金をかけなければいけない事例であり、会社サイドが重点化して取り組む姿勢を明確にしてあげないと、現場サイドだけで判断できる問題ではない。
 つまり、工事成績を上げるためには現場技術者だけに任せていれば、不確定になるということだ。
 工事難易度も高いことから、この現場で表彰をも狙いたいというときは、発注者サイドにも意識させるよう、会社ぐるみでアピールする必要がある。
 『足場の二重手摺化』などは、竣工検査の際には判らないため、発注者サイドの担当者に見に来てもらわなければならない。会社ぐるみでアピールしていないと、なかなか対応はしてもらえないのが現状だ。

寄稿者:冬虫夏草
長きに渡り、地方自治体における総合評価制度の実際の現場で評価に携わってきた
現在も総合評価制度を探究し、ゼネコンはじめ多くの建設企業から相談を受けている

全記事一覧に戻る

お問い合わせ

RSS配信について

サポーター会員募集

更に利便性が高まります!

  • 閲覧制限なし
  • 検索機能制限なし
  • 複数PCで利用できます

各種入札関連資料の収集に

ぜひご活用ください!

会員登録について

トピックス

NEWS

 ユーザー各位
 建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
 下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】4月27日(土)~5月6日(月)
 上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
 なお、情報は5月8日(火)より登録されます。

NEWS

本日4月1日よりリニューアルしました。ユーザーの皆様の手間ひまを省力化できるよう今後とも努力してまいります。詳しくは画面右上・リニューアルのお知らせをクリックください。

NEWS

建設資料館リニューアルのお知らせ
開設5周年を迎える建設資料館は4月1日、リニューアルします。工事成績評定書の検索項目に『業種』を追加するなど更なる利便性を図り、益々ユーザーの皆様の手間ひまを省力化できるよう努力してまいります。

NEWS

会員登録数が1300社を超えました!構成比率は一般土木建築24%、その他8.1%、土木7.7%、電気7.5%、管・総合コンサルタントともに4.9%。以下、建築、造園、舗装、電気通信、資材と続いています

NEWS

「見たもん勝ち」では、建設関連情報を分かりやすく、迅速に発信する建設情報発信ツール『建設メール』(日本工業経済新聞社発信)から抜粋した記事をご覧いただけます。

人気の記事・コラム

PR

総合資格学院 通信講座実施中部資格学院

入札ネット公共工事入札情報サイト

都23区の民間建築情報 建築工事情報@mail

建設データ株式会社

アテンション

回線速度が遅い場合やご使用の機器の状態により、ファイルを開くのに時間を要する場合がございますので予めご了承くださいませ。