見たもん勝ち

《連載②・総合評価工事成績を上げるには》 工事難易度中~低、ミスコニュニケーションを無くす

2019/04/08特集企画/PR

冬虫夏草

前回は、工事成績を上げるためにはどうすればいいのかという点で、工事難易度が高いものを対象に挙げたが、今回は、工事難易度が低いもの及び工事全般について述べたい。
工事難易度の低い案件に関しては正直に言うと、高い点数をつけるのは難しい。もっと率直に言うと76~78点を目指すのが現実的だ。
国の発注工事については、努力や工夫を認める方向が強いが、県レベルになると足りない部分を見つけ『引き算』で点数をつける場合が多いような気がする。
まずはミスをしないことである。施工上のミス(電線の切断)などは論外であるが、ミスコニュニケーションによる不都合が意外と多い。打合せ不足により、竣工検査の日程が不明確のまま工事完了し、期日が経ったことにより、盛土高が不足していることなどがよい例だ。工事難易度が低い場合の配置技術者の技術はコニュニケーション能力も含めた者であることを自覚する必要がある。
ミスが多い技術者は特定の人が多い。何度注意しても、同じ過ちを時間が経つと繰り返す。発注者とのコミュニケーションをとらず、自己判断が多い。
会社は『会社による教育』が難しいということを知るべきである。つまり、教育ではなく、外形的規則、例えば電線を切断する不注意を繰り返す技術者の現場では、電線下にコーンを設置、どかさないと進めなくするなどの処置が必要となる。
ミスを無くした上で、工夫を行うべきである。工事難易度が低い場合の工夫は限られてくる。一番効果的なものは、周辺住民等への配慮である。なぜなら、発注者はクレームを一番嫌うからである。常に周辺住民の声を聞き、声を反映させ、住民にもアピールし、発注者にもその努力をアピールする必要がある。
アメリカの広告業界の古典的宣伝文句として『暗闇でのウインクは効果がない』という趣旨のものがある。つまり、認識されない努力は無駄ということであり、ここでコニュニケーション能力が必要となる。
技術者も立派な会社の営業マンであることを自覚させることが肝要である。

寄稿者:冬虫夏草
長きに渡り、地方自治体における総合評価制度の実際の現場で評価に携わってきた
現在も総合評価制度を探究し、ゼネコンはじめ多くの建設企業から相談を受けている

全記事一覧に戻る

お問い合わせ

RSS配信について

サポーター会員募集

更に利便性が高まります!

  • 閲覧制限なし
  • 検索機能制限なし
  • 複数PCで利用できます

各種入札関連資料の収集に

ぜひご活用ください!

会員登録について

トピックス

NEWS

 ユーザー各位
 建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
 下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】4月27日(土)~5月6日(月)
 上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
 なお、情報は5月8日(火)より登録されます。

NEWS

本日4月1日よりリニューアルしました。ユーザーの皆様の手間ひまを省力化できるよう今後とも努力してまいります。詳しくは画面右上・リニューアルのお知らせをクリックください。

NEWS

建設資料館リニューアルのお知らせ
開設5周年を迎える建設資料館は4月1日、リニューアルします。工事成績評定書の検索項目に『業種』を追加するなど更なる利便性を図り、益々ユーザーの皆様の手間ひまを省力化できるよう努力してまいります。

NEWS

会員登録数が1300社を超えました!構成比率は一般土木建築24%、その他8.1%、土木7.7%、電気7.5%、管・総合コンサルタントともに4.9%。以下、建築、造園、舗装、電気通信、資材と続いています

NEWS

「見たもん勝ち」では、建設関連情報を分かりやすく、迅速に発信する建設情報発信ツール『建設メール』(日本工業経済新聞社発信)から抜粋した記事をご覧いただけます。

人気の記事・コラム

PR

総合資格学院 通信講座実施中部資格学院

入札ネット公共工事入札情報サイト

都23区の民間建築情報 建築工事情報@mail

建設データ株式会社

アテンション

回線速度が遅い場合やご使用の機器の状態により、ファイルを開くのに時間を要する場合がございますので予めご了承くださいませ。