見たもん勝ち

【週休2日推進】 新たに交替制モデル工事試行へ

2019/04/05建設時事

建設メール

 国土交通省は建設業における働き方改革の推進に向けて、建設現場での週休2日導入をさらに後押しする。2019年度には技術者や技能者が交替しながら休日確保に取り組む「週休2日交替制モデル工事」を試行する考えで、費用計上の考え方を地方整備局へ通知した。発注方式は受注者希望方式とし、4週6休以上の休日確保について状況に応じた補正係数を設定する。積算方法(補正係数)は、対象期間内に現場に従事した技術者・技能労働者の平均休日数を工期で割った「休日率(%)」を適用。休日率の達成状況を確認後、労務費を補正し、適切に請負代金額を変更する。
 また19年度の週休2日工事発注に当たり、週休2日取得に必要な費用の計上に関しては、18年度と同様に現場の閉所状況に応じて設定する補正係数を継続する。4週8休以上であれば、補正係数は労務費が1・05、機械経費(賃料)が1・04、共通仮設費率が1・04、現場管理費率が1・05となる。
 さらに、直轄土木工事における適切な工期設定の考え方も通知した。国の18年度第2次補正予算に盛り込まれた防災・減災、国土強靭化のための緊急対策などを速やかに進めるため、余裕期間制度の活用を原則化する方針で、契約ごとに「工期の40%を超えず、かつ5カ月を超えない範囲内」で期間を設定することを求めた。他にも休日と降雨日等の年間の発生率を指す「雨休率」の記載事項を変更。実働工期日数に休日と悪天候により作業ができない日数を見込むための係数とともに、土日、祝日、年末年始休暇、夏期休暇の日数を特記仕様書に記載することにした。

 

全記事一覧に戻る

お問い合わせ

RSS配信について

サポーター会員募集

更に利便性が高まります!

  • 閲覧制限なし
  • 検索機能制限なし
  • 複数PCで利用できます

各種入札関連資料の収集に

ぜひご活用ください!

会員登録について

トピックス

NEWS

 ユーザー各位
 建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
 下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】4月27日(土)~5月6日(月)
 上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
 なお、情報は5月8日(火)より登録されます。

NEWS

本日4月1日よりリニューアルしました。ユーザーの皆様の手間ひまを省力化できるよう今後とも努力してまいります。詳しくは画面右上・リニューアルのお知らせをクリックください。

NEWS

建設資料館リニューアルのお知らせ
開設5周年を迎える建設資料館は4月1日、リニューアルします。工事成績評定書の検索項目に『業種』を追加するなど更なる利便性を図り、益々ユーザーの皆様の手間ひまを省力化できるよう努力してまいります。

NEWS

会員登録数が1300社を超えました!構成比率は一般土木建築24%、その他8.1%、土木7.7%、電気7.5%、管・総合コンサルタントともに4.9%。以下、建築、造園、舗装、電気通信、資材と続いています

NEWS

「見たもん勝ち」では、建設関連情報を分かりやすく、迅速に発信する建設情報発信ツール『建設メール』(日本工業経済新聞社発信)から抜粋した記事をご覧いただけます。

人気の記事・コラム

PR

総合資格学院 通信講座実施中部資格学院

入札ネット公共工事入札情報サイト

都23区の民間建築情報 建築工事情報@mail

建設データ株式会社

アテンション

回線速度が遅い場合やご使用の機器の状態により、ファイルを開くのに時間を要する場合がございますので予めご了承くださいませ。