見たもん勝ち

【日々の栞】 教育機関で出来ること

2019/04/09コラム

日々の栞

▼4月から工業高校の電気科に通う友人の息子、将来は父親と同じ電気技師を目指すという。なんとなくうらやましい▼厚生労働省の新規学卒就職者の離職状況(2018年10月)によると、就職後3年以内の離職率は高卒39・1%、大卒31・8%となっている。建設業の高卒離職率(17年)は47・7%と2人に1人が辞めてしまうという残念なデータ▼土木施工管理技士試験では河川、道路、橋梁、港湾、鉄道、上下水道とさまざまな工種から出題されるものの、監督として多様な工種を経験する人はまれで、多くは就職した会社の専門性や建設業における経験の重要性から同様な工事を繰り返すことになる。土木に比べお洒落で華やかな印象もある建築も、個人住宅と公共建築物、設計と施工管理では仕事の内容は大きく異なる▼文部科学省の学科系統分類によると、工学部の土木建築工学に分類される学科は73もあり都市環境工学や社会環境工学など名称だけでは土木系なのか建築系なのか分からないものも。工学部は習得する技術や資格を生かして就職する場合が多く、研究室のOBや教授から就職先を紹介してもらうことも多いので、選択した学科や研究室で職種が絞られてしまう。その学科や研究室を選択する時点で自分がどんな仕事をするか明確なビジョンを持っている人はどのくらいいるのだろうか▼建設業では若者の定着率向上に向けさまざまな取り組みを行っているが、教育機関でも建設業にさまざまな専門性があることを認識し、選択した学科や研究室が将来のビジョンと合ってないと気づいたら、気軽に変更できる仕組みも必要だと思う。(新潟・SS)

 

全記事一覧に戻る

お問い合わせ

RSS配信について

サポーター会員募集

更に利便性が高まります!

  • 閲覧制限なし
  • 検索機能制限なし
  • 複数PCで利用できます

各種入札関連資料の収集に

ぜひご活用ください!

会員登録について

トピックス

NEWS

 ユーザー各位
 建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
 下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】4月27日(土)~5月6日(月)
 上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
 なお、情報は5月8日(火)より登録されます。

NEWS

本日4月1日よりリニューアルしました。ユーザーの皆様の手間ひまを省力化できるよう今後とも努力してまいります。詳しくは画面右上・リニューアルのお知らせをクリックください。

NEWS

建設資料館リニューアルのお知らせ
開設5周年を迎える建設資料館は4月1日、リニューアルします。工事成績評定書の検索項目に『業種』を追加するなど更なる利便性を図り、益々ユーザーの皆様の手間ひまを省力化できるよう努力してまいります。

NEWS

会員登録数が1300社を超えました!構成比率は一般土木建築24%、その他8.1%、土木7.7%、電気7.5%、管・総合コンサルタントともに4.9%。以下、建築、造園、舗装、電気通信、資材と続いています

NEWS

「見たもん勝ち」では、建設関連情報を分かりやすく、迅速に発信する建設情報発信ツール『建設メール』(日本工業経済新聞社発信)から抜粋した記事をご覧いただけます。

人気の記事・コラム

PR

総合資格学院 通信講座実施中部資格学院

入札ネット公共工事入札情報サイト

都23区の民間建築情報 建築工事情報@mail

建設データ株式会社

アテンション

回線速度が遅い場合やご使用の機器の状態により、ファイルを開くのに時間を要する場合がございますので予めご了承くださいませ。