見たもん勝ち

【建災防】 日本語教育が課題に/外国人労働者の教育検討に着手

2019/04/10業界動向

建設メール

 建設業労働災害防止協会(建災防)は10日、都内で「建設業における外国人労働者の教育及び安全衛生標識等就労環境のあり方に関する検討委員会」の初会合を開いた。外国人労働者への対応としては、特に日本語教育に関する課題が浮き彫りとなった。
 開会に当たり、建災防の田中正晴専務理事は「わが国は少子高齢化による人材不足が深刻で、外国人労働者による労働力が待たれている。最近は入管法改正等により受け入れ態勢も加速度的に進んでいる。外国人労働者とのコミュニケーション不足による労働災害が最も懸念されるので、安全衛生教育の実施により、それを防いでいきたい」とし、必要な検討を要請した。委員長に選任された芝浦工業大学の蟹沢宏剛教授は「外国人労働力は大切なこと。そして今、来てくださっている外国人をまず大切にしたい。外国人向けの規定を作り、安全対策や意識を高めたい」と所信表明した。
 委員会では、外国人労働者を巡るこれまでの法的状況として、1981年の在留資格制度の創設から昨年の入管法改正までの推移を説明。さらに就労環境等の状況では、国籍別、在留資格別等の人数を示した上で、外国人労働者に関する労災民訴の具体例を紹介した。
 検討事項としては3つの課題を挙げた。『建設工事現場用安全標識作成などに関するワーキンググループ設置』では、6月までに現標識の見直しなど各種事項をまとめることを決定。『安全衛生教育のあり方』では研修・講習に当たっての言語や教材、事例収集作成が必要とされた。『外国人労働者に対する安全衛生教育の実態調査』については、雇い入れ企業、元請け事業者で現在行われている教育の事例集を収集し、実態を把握するとした。

 

全記事一覧に戻る

お問い合わせ

RSS配信について

サポーター会員募集

更に利便性が高まります!

  • 閲覧制限なし
  • 検索機能制限なし
  • 複数PCで利用できます

各種入札関連資料の収集に

ぜひご活用ください!

会員登録について

トピックス

NEWS

 ユーザー各位
 建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
 下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】4月27日(土)~5月6日(月)
 上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
 なお、情報は5月8日(火)より登録されます。

NEWS

本日4月1日よりリニューアルしました。ユーザーの皆様の手間ひまを省力化できるよう今後とも努力してまいります。詳しくは画面右上・リニューアルのお知らせをクリックください。

NEWS

建設資料館リニューアルのお知らせ
開設5周年を迎える建設資料館は4月1日、リニューアルします。工事成績評定書の検索項目に『業種』を追加するなど更なる利便性を図り、益々ユーザーの皆様の手間ひまを省力化できるよう努力してまいります。

NEWS

会員登録数が1300社を超えました!構成比率は一般土木建築24%、その他8.1%、土木7.7%、電気7.5%、管・総合コンサルタントともに4.9%。以下、建築、造園、舗装、電気通信、資材と続いています

NEWS

「見たもん勝ち」では、建設関連情報を分かりやすく、迅速に発信する建設情報発信ツール『建設メール』(日本工業経済新聞社発信)から抜粋した記事をご覧いただけます。

人気の記事・コラム

PR

総合資格学院 通信講座実施中部資格学院

入札ネット公共工事入札情報サイト

都23区の民間建築情報 建築工事情報@mail

建設データ株式会社

アテンション

回線速度が遅い場合やご使用の機器の状態により、ファイルを開くのに時間を要する場合がございますので予めご了承くださいませ。