見たもん勝ち

【農水省総合評価】 情報化施工活用で企業評価を加点

2019/04/11建設時事

建設メール

 農林水産省は建設工事で試行する情報化施工について、2019年度から建設企業によるICT活用を総合評価落札方式で加点評価する取り組みを始める。情報化施工技術の活用ガイドラインで定める工種および施工規模以上で、受注者希望型を適用する工事が対象となる。UAVや地上型レーザースキャナー(TLS)を用いた出来形管理技術、マシンコントロール(MC)/マシンガイダンス(MG)によるICT建設機械施工技術のいずれかを活用した場合に、企業評価の項目で1点を加点する。
 同ガイドラインでは情報化施工技術を適用する施工規模は、扱う土量の合計が1000立方メートル以上の掘削・盛土工事や、表土整地の施工面積1ha以上のほ場整備工事としている。
 情報化施工を活用する場合は、競争参加資格確認資料の申請時に、活用の意思、活用技術の種類、適用する工種、作業内容などの記載を求める。ただし活用を申請したにもかかわらず、受注者側の都合で履行できなかった場合は、工事成績評定から3点を減点する。

 

全記事一覧に戻る

お問い合わせ

RSS配信について

サポーター会員募集

更に利便性が高まります!

  • 閲覧制限なし
  • 検索機能制限なし
  • 複数PCで利用できます

各種入札関連資料の収集に

ぜひご活用ください!

会員登録について

トピックス

NEWS

 ユーザー各位
 建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
 下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】4月27日(土)~5月6日(月)
 上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
 なお、情報は5月8日(火)より登録されます。

NEWS

本日4月1日よりリニューアルしました。ユーザーの皆様の手間ひまを省力化できるよう今後とも努力してまいります。詳しくは画面右上・リニューアルのお知らせをクリックください。

NEWS

建設資料館リニューアルのお知らせ
開設5周年を迎える建設資料館は4月1日、リニューアルします。工事成績評定書の検索項目に『業種』を追加するなど更なる利便性を図り、益々ユーザーの皆様の手間ひまを省力化できるよう努力してまいります。

NEWS

会員登録数が1300社を超えました!構成比率は一般土木建築24%、その他8.1%、土木7.7%、電気7.5%、管・総合コンサルタントともに4.9%。以下、建築、造園、舗装、電気通信、資材と続いています

NEWS

「見たもん勝ち」では、建設関連情報を分かりやすく、迅速に発信する建設情報発信ツール『建設メール』(日本工業経済新聞社発信)から抜粋した記事をご覧いただけます。

人気の記事・コラム

PR

総合資格学院 通信講座実施中部資格学院

入札ネット公共工事入札情報サイト

都23区の民間建築情報 建築工事情報@mail

建設データ株式会社

アテンション

回線速度が遅い場合やご使用の機器の状態により、ファイルを開くのに時間を要する場合がございますので予めご了承くださいませ。