見たもん勝ち

【建設経済レポート】 生産性向上で技術者・技能者不足解消を

2019/04/19業界動向

建設メール

 建設経済研究所は「日本経済と公共投資」に関する最新レポートにおいて、建設技術者数および技能労働者数の需給ギャップ分析を初めて行い、技術者・技能者ともに将来の不足が見込まれる中で、生産性向上が不可欠であることを示した。
 今後の経済動向が「経済再生ケース」となった場合、建設技術者数が近年10年間の動向が続くと仮定すると、2015年実績のまま生産性向上が行われなければ、建設技術者(全産業)が最大で約7万6300人不足すると予測した。経済が「ベースラインケース」となった場合でも、生産性が15年実績のままであれば、土木建築サービス業および全産業では20年から、建設業では25年から、それぞれ建設技術者不足が見込まれ、全産業で最大約4万5600人不足する見通しだ。
 ただしi-Construction導入により25年までに建設現場の生産性を2割向上させる国土交通省の取り組みが目標を達成することで、不足は解消されるとした。電気・電子・電気通信技術者(建設業)に関しては、いずれの場合でも不足は生じない見込み。
 一方で建設技能労働者については、経済動向が「経済再生ケース」の場合、25年度で24・9万人~38・7万人の不足、30年度には34・3万人~56・0万人の不足を予測。経済が「ベースラインケース」の場合でも25年度で17・6万人~27・2万人の不足、30年度には24・6万人~39・4万人が不足すると推計した。同研究所では「今後一層の担い手の確保・育成とともに、生産性の向上が必要」としている。
 なお今回の分析に当たっては、15年の国勢調査における産業小分類別および職業小分類別のデータを用いた。

全記事一覧に戻る

お問い合わせ

RSS配信について

サポーター会員募集

更に利便性が高まります!

  • 閲覧制限なし
  • 検索機能制限なし
  • 複数PCで利用できます

各種入札関連資料の収集に

ぜひご活用ください!

会員登録について

トピックス

NEWS

 ユーザー各位
 建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
 下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】4月27日(土)~5月6日(月)
 上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
 なお、情報は5月8日(火)より登録されます。

NEWS

本日4月1日よりリニューアルしました。ユーザーの皆様の手間ひまを省力化できるよう今後とも努力してまいります。詳しくは画面右上・リニューアルのお知らせをクリックください。

NEWS

建設資料館リニューアルのお知らせ
開設5周年を迎える建設資料館は4月1日、リニューアルします。工事成績評定書の検索項目に『業種』を追加するなど更なる利便性を図り、益々ユーザーの皆様の手間ひまを省力化できるよう努力してまいります。

NEWS

会員登録数が1300社を超えました!構成比率は一般土木建築24%、その他8.1%、土木7.7%、電気7.5%、管・総合コンサルタントともに4.9%。以下、建築、造園、舗装、電気通信、資材と続いています

NEWS

「見たもん勝ち」では、建設関連情報を分かりやすく、迅速に発信する建設情報発信ツール『建設メール』(日本工業経済新聞社発信)から抜粋した記事をご覧いただけます。

人気の記事・コラム

PR

総合資格学院 通信講座実施中部資格学院

入札ネット公共工事入札情報サイト

都23区の民間建築情報 建築工事情報@mail

建設データ株式会社

アテンション

回線速度が遅い場合やご使用の機器の状態により、ファイルを開くのに時間を要する場合がございますので予めご了承くださいませ。