見たもん勝ち ~建設業応援団~

【土木学会】 水道部門管路はCの悪化見込み/19年インフラ健康診断書

2019/06/03建設時事

建設メール

 土木学会・社会インフラ健康診断特別委員会(橋本鋼太郎委員長)は、「2019インフラ健康診断書(試行版)」をまとめた。今回は道路部門と新規の水道部門を公表。道路部門は橋梁がCの現状維持、トンネルがDの現状維持、路面(舗装)がCの現状維持だった。水道部門は管路がCの悪化見込みの結果になった。
 同診断書はインフラの現状を広く国民が理解し、社会インフラの維持管理・更新の重要性や課題を認識することが目的。16年度に道路部門、17年度には道路、河川、下水道の3部門、18年度は道路と港湾部門を公表してきた。

 診断書は、施設の健康度をA(健全)~E(危機的)で評価し、それに施設の維持管理体制指標を3段階(改善見込み、現状維持見込み、悪化見込み)で付けた。
 部門別に見ると、水道部門は管路がC・悪化見込み。給水人口規模別の健康度は60万人以上C+、10万人以上C、3万人以上C-、1万人以上C-、1万人未満Dといった具合で、大都市ほど比較的良好な状態。同様に維持管理体制も60万人以上と10万人以上が現状維持で、以下は悪化見込みとしている。
 道路部門は、橋梁がC・現状維持。管理者別に見ると国管理と高速道路会社管理の都市内道路はB。それ以外の都道府県・政令指定都市道、市区町村管理の道路、高速道路会社管理の都市間道はいずれもC評価。一方でトンネルはD・現状維持見込み。詳細は都市内道路のみAで、国管理道路と都市間高速道がC、都道府県・政令指定都市道と市区町村管理道路がDだった。路面(舗装)はC・現状維持だが、国管理道路C、高速道路会社の都市内道路と都市間道路はともにB評価だった。
 会見で橋本委員長は「国交省によると、インフラ整備費は30年間で200兆円近い維持管理更新費が必要との試算が出された。ただし事後保全だと255~284兆円にも達する。費用面でも予防保全の必要性が問われている」と説明した。
 2020年度は、これまでの集大成として(施行版)を外した「インフラ健康診断書」とする予定。また今後は鉄道、エネルギー、通信などのインフラ施設についても健康診断が可能か検討する。

全記事一覧に戻る

お問い合わせ

RSS配信について

サポーター会員募集

更に利便性が高まります!

  • 閲覧制限なし
  • 検索機能制限なし
  • 複数PCで利用できます

各種入札関連資料の収集に

ぜひご活用ください!

会員登録について

トピックス

NEWS

現役税理士による建設業向け税金豆知識コラムをスタートします(週1掲載)。融資に強い決算書とは?、合理的な節税方法とは?など、経理面・税金面の「読んでみて少しタメになる話」を寄稿していただきます

NEWS

冬期休業に伴う情報更新停止のお知らせ
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】12月28日(土)~1月5日(日)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は1月6日(月)より登録されます。

NEWS

会員登録数が1400社を超えました!構成比率は一般土木建築38%、土木8.7%、電気7.5%、その他7.1%、以下、管、総合コンサルタント、建築、造園、舗装、電気通信、資材と続いています

NEWS

建設業に携わる女性のコラムをスタートします(週1掲載)。特に建設現場での出来事や苦労した話、嬉しかったことや発見したこと、不思議に思っていることなど、『現場あるある』を自由に発信してもらいます

NEWS

9月20日から教育庁、警視庁、環境局など情報提供開始!!
本日より東京都の『開示済工事設計書等』のコンテンツを充実させるため発注者の拡充を図りました。
閲覧可能になった発注者は以下のとおりです。
●教育庁、●警視庁、●都住宅政策本部、●都生活文化局、●都産業労働局、●都環境局、●都総務局、●都福祉保健局、●中央卸売市場、●都病院経営本部、●都主税局、●交通局
これからも快適にご利用いただけるよう、一層の内容充実に努めてまいります。

人気の記事・コラム

PR

総合資格学院 通信講座実施中部資格学院

入札ネット公共工事入札情報サイト

都23区の民間建築情報 建築工事情報@mail

建設データ株式会社

アテンション

回線速度が遅い場合やご使用の機器の状態により、ファイルを開くのに時間を要する場合がございますので予めご了承くださいませ。