見たもん勝ち

【工期の適正化】 建設業法改正で実効性を確保

2019/06/04建設時事

建設メール

 建設業法等の改正案を審議する4日の参議院国土交通委員会で、国土交通省は建設業の働き方改革を促進する上で重要となる工期の適正化に向けて、法改正により実効性を確保する考えを示した。
 改正建設業法では、中央建設業審議会(中建審)が工期に関する基準を作成・勧告するとともに、著しく短い工期による請負契約の締結を禁止し、違反者には国土交通大臣等から勧告を実施することを規定する。新たな基準の内容を問う増子輝彦議員(国民民主党)の質問に対し、野村正史土地・建設産業局長は「基準は定量的な形ではなく、工期を設定するに当たって考慮すべき定性的な事項が定められるものと考えている。具体的には雪や雨などの自然的要因、週休2日や年末年始等の不稼動日などに配慮して設定されるべき事項、準備段階では用地買収や建築確認、資材などの製作の事項、施工段階では掘削土の排出や受電の時期、後片付け段階では工事の完成検査や仮設工作物の撤去などが考慮すべき事項として示される必要がある」とした。
 著しく短い工期に関しては一律の判断は難しいとしながら、建設業許可を行った行政庁が、中建審が策定する基準で示す事項が考慮されているかの確認、過去の同種・類似工事の実績との比較、建設業者側が提出した工期の見積もりの内容精査などを行い「工事ごとに個別に判断することが必要」と答弁した。また著しく短い工期が疑われる場合には、建設業者に対する報告徴収、立入検査を行うことに加え、民間の発注者に対しても資料の提出や報告を求めることができることにし「実効性の確保を図っている」と説明。著しく短い工期であることが確認された場合には「発注者に対して勧告等の措置を適切に講じる仕組みの構築を検討している」とした。

全記事一覧に戻る

お問い合わせ

RSS配信について

サポーター会員募集

更に利便性が高まります!

  • 閲覧制限なし
  • 検索機能制限なし
  • 複数PCで利用できます

各種入札関連資料の収集に

ぜひご活用ください!

会員登録について

トピックス

NEWS

国土交通省の開示済工事設計書等で「業務委託」の案件を閲覧できるようになりました。
これからも快適にご利用いただけるよう、一層の内容充実に努めてまいります。

NEWS

 ユーザー各位
 建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
 下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】4月27日(土)~5月6日(月)
 上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
 なお、情報は5月8日(火)より登録されます。

NEWS

本日4月1日よりリニューアルしました。ユーザーの皆様の手間ひまを省力化できるよう今後とも努力してまいります。詳しくは画面右上・リニューアルのお知らせをクリックください。

NEWS

建設資料館リニューアルのお知らせ
開設5周年を迎える建設資料館は4月1日、リニューアルします。工事成績評定書の検索項目に『業種』を追加するなど更なる利便性を図り、益々ユーザーの皆様の手間ひまを省力化できるよう努力してまいります。

NEWS

会員登録数が1300社を超えました!構成比率は一般土木建築24%、その他8.1%、土木7.7%、電気7.5%、管・総合コンサルタントともに4.9%。以下、建築、造園、舗装、電気通信、資材と続いています

人気の記事・コラム

PR

総合資格学院 通信講座実施中部資格学院

入札ネット公共工事入札情報サイト

都23区の民間建築情報 建築工事情報@mail

建設データ株式会社

アテンション

回線速度が遅い場合やご使用の機器の状態により、ファイルを開くのに時間を要する場合がございますので予めご了承くださいませ。