見たもん勝ち

【法改正】 改正建設業法等が成立/長時間労働是正へ工期適正化

2019/06/05建設時事

建設メール

 建設業法および入札契約適正化法(入契法)の一部改正案が5日の参議院本会議において全会一致で可決、成立した。著しく短い工期での請負契約の禁止、社会保険加入を建設業許可要件にすることなどを盛り込んだ改正法の施行は、一部を除き公布後1年6カ月以内とし、政令で定める。
 建設業法の改正では、中央建設業審議会が工期に関する基準を作成・勧告できるように規定。著しく短い工期での請負契約締結を禁じ、違反者には国土交通大臣等が発注者へ勧告、従わない場合その旨を公表できるようにする。建設業者には、工程の細目を明らかにし工種ごとの作業や準備に必要な日数を見積もることを努力義務に加える。工期の適正化を法律に書き込むことで長時間労働の是正につなげる。また建設業許可要件を初めて見直し、社会保険未加入の企業は許可・更新を認めない仕組みを構築する。
 入契法の改正では、入札契約適正化指針に公共発注者が取り組むべき事項として工期の確保と施工時期の平準化を明記し、努力義務化する。
 現場の生産性向上の関係では、技術者に関する規制を合理化。元請けの監理技術者を補佐する制度を創設し、「技士補」がいる場合は複数現場の兼任を認める。技術検定試験を学科と実地を加味した第1次と第2次検定に再編成して第1次検定合格者に「技士補」の資格を与える。ただし新たな検定試験の施行は改正法公布後、2年以内となる。
 下請けの主任技術者に関しては、一定未満の工事金額等の要件を満たす場合は設置を不要化する。
 また工事で工場製品等の資材を積極的に活用し、生産性向上につなげるに当たり、資材の欠陥に伴う施工不良が生じた場合、建設業者への指示に併せて国土交通大臣等が資材製造業者に対して改善勧告・命令できる仕組みも整える。
 経営業務管理責任者の規制は見直しを行い、事業者全体として適切な経営管理責任体制を有することを求める。
 円滑な事業承継制度も創設し、合併・事業譲渡等に際して新たな許可を取り直すことなく円滑に事業承継できる事前認可の手続きにより、許可の空白期間なく事業承継を可能にする。
 その他の改正事項では▽工期等に影響を及ぼす恐れがある事象に関する情報の提供▽下請けへの不利益取り扱いの禁止▽建設業許可証掲示義務の緩和▽施工技術の確保▽災害時における建設業者団体の責務―に関して必要な事項を明記する。

 

全記事一覧に戻る

お問い合わせ

RSS配信について

サポーター会員募集

更に利便性が高まります!

  • 閲覧制限なし
  • 検索機能制限なし
  • 複数PCで利用できます

各種入札関連資料の収集に

ぜひご活用ください!

会員登録について

トピックス

NEWS

国土交通省の開示済工事設計書等で「業務委託」の案件を閲覧できるようになりました。
これからも快適にご利用いただけるよう、一層の内容充実に努めてまいります。

NEWS

 ユーザー各位
 建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
 下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】4月27日(土)~5月6日(月)
 上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
 なお、情報は5月8日(火)より登録されます。

NEWS

本日4月1日よりリニューアルしました。ユーザーの皆様の手間ひまを省力化できるよう今後とも努力してまいります。詳しくは画面右上・リニューアルのお知らせをクリックください。

NEWS

建設資料館リニューアルのお知らせ
開設5周年を迎える建設資料館は4月1日、リニューアルします。工事成績評定書の検索項目に『業種』を追加するなど更なる利便性を図り、益々ユーザーの皆様の手間ひまを省力化できるよう努力してまいります。

NEWS

会員登録数が1300社を超えました!構成比率は一般土木建築24%、その他8.1%、土木7.7%、電気7.5%、管・総合コンサルタントともに4.9%。以下、建築、造園、舗装、電気通信、資材と続いています

人気の記事・コラム

PR

総合資格学院 通信講座実施中部資格学院

入札ネット公共工事入札情報サイト

都23区の民間建築情報 建築工事情報@mail

建設データ株式会社

アテンション

回線速度が遅い場合やご使用の機器の状態により、ファイルを開くのに時間を要する場合がございますので予めご了承くださいませ。