見たもん勝ち

《連載①》 【原点回帰~複業で地域を支える~】「複数の本業でイノベーションを」

2019/08/06特集企画/PR

建設メール

 新たな事業領域への進出や技術開発に取り組む全国の建設業経営者らで組織する建設トップランナー倶楽部(代表幹事・米田雅子慶應義塾大学特任教授)は6月28日、「原点回帰~複業で地域を支える」をテーマに、第14回建設トップランナーフォーラムを東京・内幸町のイイノホールで開いた。地域の雇用とインフラを守るため、「業種の壁を越えて地域産業を興す複業化」を奨めてきた建設トップランナー倶楽部。今回は、この原点に立ち返り、複業で地域を支える建設業の取り組みにスポットを当てた。
 フォーラムの冒頭、趣旨説明に立った米田代表幹事は、複業について「一つの企業が複数の本業を持つこと」とし、「複数の本業を組み合わせて相乗効果を生み出すこともできる」と指摘。過疎化が進む地域では「市場規模が小さく、専業による企業の自立は難しいため、複業は地方創生の有効な手段にもなる」と強調した。
 フォーラムには来賓として、石井啓一国土交通大臣、吉川貴盛農林水産大臣、石破茂元内閣府特命担当大臣らが参加。
 石井国交相は、i-Constructionの着実な取り組みを推進するとともに「積算基準の改定や自治体発注工事への専門家の派遣など、自治体や中小企業がICTを導入しやすい環境整備を推進する」と強調。国交省として「地域の守り手、社会インフラの守り手である地域の建設業が、魅力にあふれ、誇りと希望を持って仕事に打ち込める環境整備を進めていく」と述べた。
 吉川農水相は、建設業について「従事者の確保や生産性の向上など、農林水産業と共通の課題がある」と指摘。建設業を通じて培ったノウハウを農林水産業の分野でも生かすことで「異業種間の連携によるイノベーションが起こり、新たな雇用と所得が生まれる」と述べた。そして両産業が「従来の枠に捉われない挑戦により、若者が将来を託すことができる産業となること」に強い期待を示した。
◎「地域でなければ」をいかに実現するか
 石破元内閣府特命担当大臣は「これから先の日本の人口の減り方はただごとではない」と警鐘を鳴らし、「人口が急減し、経済はさほど伸びないという時代に向け、伸びしろがある地域に、いかにして雇用を生み出すかが国の最大の課題だ」と指摘。東京一極集中ではなく「地域でなければできないことを実現してほしい」と呼び掛けた。さらに「いつの時代も地域が国を変えて来た。地域が新しい国をつくる」と強調した。
  ◇     ◇
 全国の建設専門新聞20社が参加する「地方建設専門紙の会」が取材した第14回建設トップランナーフォーラムの模様を連載します。(地方建設専門紙の会)

全記事一覧に戻る

お問い合わせ

RSS配信について

サポーター会員募集

更に利便性が高まります!

  • 閲覧制限なし
  • 検索機能制限なし
  • 複数PCで利用できます

各種入札関連資料の収集に

ぜひご活用ください!

会員登録について

トピックス

NEWS

建設業に携わる女性のコラムをスタートします(週1掲載)。特に建設現場での出来事や苦労した話、嬉しかったことや発見したこと、不思議に思っていることなど、『現場あるある』を自由に発信してもらいます

NEWS

9月20日から教育庁、警視庁、環境局など情報提供開始!!
本日より東京都の『開示済工事設計書等』のコンテンツを充実させるため発注者の拡充を図りました。
閲覧可能になった発注者は以下のとおりです。
●教育庁、●警視庁、●都住宅政策本部、●都生活文化局、●都産業労働局、●都環境局、●都総務局、●都福祉保健局、●中央卸売市場、●都病院経営本部、●都主税局、●交通局
これからも快適にご利用いただけるよう、一層の内容充実に努めてまいります。

NEWS

日頃は建設資料館をご利用いただき、誠にありがとうございます。8月27日に発生しました「各コンテンツのDLボタンを押すとセキュリティ証明書が切れている、とのエラー画面に遷移する」という障害について、原因、今後の対策について添付のとおりご報告させていただきます。既に障害は解消しておりますが、今後も再発防止に努めてまいります。皆様には大変ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。

2019 年8 月27 日より発生した障害に関するご報告

NEWS

夏季休業に伴う情報更新停止のお知らせ
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】8月12日(月)~8月18日(日)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は8月19日(月)より登録されます。

NEWS

本日より、都財務局などが閲覧できるようになりました。
東京都のコンテンツで閲覧可能になった発注者は以下のとおりです。
【工事成績評定通知書】都財務局、都朝霞浄水管理、都消防庁
【工事費内訳書】都財務局、都朝霞浄水管理
これからも快適にご利用いただけるよう、一層の内容充実に努めてまいります。

人気の記事・コラム

PR

総合資格学院 通信講座実施中部資格学院

入札ネット公共工事入札情報サイト

都23区の民間建築情報 建築工事情報@mail

建設データ株式会社

アテンション

回線速度が遅い場合やご使用の機器の状態により、ファイルを開くのに時間を要する場合がございますので予めご了承くださいませ。