見たもん勝ち ~建設業応援団~

〈冬虫夏草〉 建設業界の環境

2019/09/17コラム

冬虫夏草

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、科学研究から得られた最新の知見を評価し、気候変動に関する評価報告書5~6年ごとにこれまで5回提出している。

それによると、温暖化現象は疑う余地がなく、最悪のケースでは、21世紀末に日本全国の平均気温は4.5度上昇するとしている。

例えば、横浜は最高気温35度以上の猛暑日が年間約40日に増えるほか、現在は年に40日余りである最高気温30度以上の真夏日が約110日へと、最高気温25度以上の夏日が年に170日ほどになり、1年の半分近くを占めることとなる。

東京の最高気温は43.3度となり、超大型の台風が首都圏を直撃するシナリオが予想されている。

なお、既に台風の発生地点はかなり北になっており、そのため、関東上陸や北海道を台風が襲うといったこれまでにない現象が起きている。

秋分や春分の日も変更しなければならないのだろうか。少なくとも、一部で使用されている農業カレンダーは変更した方がよい。

 

このことは建設業界にとってどのような影響があるのだろうか。

例えば、建設資材の変更が考えられる。

熱に強いアスファルトが必要であるし、建築物においては、遮熱性の高い外壁やガラスが必須となる。

家周りの素材にしても、裸足で歩いても火傷しないことも重要となる。

一方、温暖化は海水の蒸発も活発にすることから、台風の大型化もそうであるが、極端な豪雨が頻繁に発生することとなる。

このところ、広島、熊本、佐賀、三重と大雨被害が頻発しており、今後は、頻度と地域に特異性がなくなってくるであろうと思われる。

それにより、必要な工事は河川工事が第1番目にくる。

河道掘削、堤防のかさ上げ、橋梁の補強が必要となる。

東北や北海道では、排水能力がこれまでそれほど必要でなかったことから、遅れている内水排水対策事業も必要であろう。

建設業者は国土交通省等と防災協定を結び、チームで防災体制を整えているが、各企業がそれぞれ、防災備蓄ヤードが必要となることも考えられる。

 

大雨被害を受けた地域では、被災した家屋の片付けも大変であるが、発生したゴミの問題はより深刻である。

ごみを運搬する重機も地域のものは被災しており、一挙に大量に必要となる。

災害において主要に業界として対応するのが建設業界であり、準備が必要である。

全記事一覧に戻る

お問い合わせ

RSS配信について

サポーター会員募集

更に利便性が高まります!

  • 閲覧制限なし
  • 検索機能制限なし
  • 複数PCで利用できます

各種入札関連資料の収集に

ぜひご活用ください!

会員登録について

トピックス

NEWS

現役税理士による建設業向け税金豆知識コラムをスタートします(週1掲載)。融資に強い決算書とは?、合理的な節税方法とは?など、経理面・税金面の「読んでみて少しタメになる話」を寄稿していただきます

NEWS

冬期休業に伴う情報更新停止のお知らせ
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】12月28日(土)~1月5日(日)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は1月6日(月)より登録されます。

NEWS

会員登録数が1400社を超えました!構成比率は一般土木建築38%、土木8.7%、電気7.5%、その他7.1%、以下、管、総合コンサルタント、建築、造園、舗装、電気通信、資材と続いています

NEWS

建設業に携わる女性のコラムをスタートします(週1掲載)。特に建設現場での出来事や苦労した話、嬉しかったことや発見したこと、不思議に思っていることなど、『現場あるある』を自由に発信してもらいます

NEWS

9月20日から教育庁、警視庁、環境局など情報提供開始!!
本日より東京都の『開示済工事設計書等』のコンテンツを充実させるため発注者の拡充を図りました。
閲覧可能になった発注者は以下のとおりです。
●教育庁、●警視庁、●都住宅政策本部、●都生活文化局、●都産業労働局、●都環境局、●都総務局、●都福祉保健局、●中央卸売市場、●都病院経営本部、●都主税局、●交通局
これからも快適にご利用いただけるよう、一層の内容充実に努めてまいります。

人気の記事・コラム

PR

総合資格学院 通信講座実施中部資格学院

入札ネット公共工事入札情報サイト

都23区の民間建築情報 建築工事情報@mail

建設データ株式会社

アテンション

回線速度が遅い場合やご使用の機器の状態により、ファイルを開くのに時間を要する場合がございますので予めご了承くださいませ。