見たもん勝ち ~建設業応援団~

〈冬虫夏草〉 労働時間

2019/12/10コラム

冬虫夏草

「働き方改革」の中心的課題の1つには、労働時間が挙げられる。

残業時間の上限は、原則として月45時間・年360時間とし、臨時的な特別の事情がなければこれを超えることはできない。実働21日とすると、1日当たり約1.2時間となり、実現できるかということとは別に、収入が低くなることを重要視する人もいる。

さらに、労働法改正とは別に、「労働安全衛生法」の改正により「客観的方法による労働時間の把握」が義務化され、管理職を含めた労働時間の把握が企業の責務となる。

今まで曖昧とされてきた労働時間の把握方法が明確化され、労務管理の徹底が求められることとなる。

これまで、管理監督者に関しては、労働基準法において、休憩・休日の適用から除外されることもあり、労働時間の管理が曖昧になっていたが、勤怠時間の管理手法等で対応すべきガイドラインが制定されることとなった。

これまでは、管理職になったとたん、残業代に上限が生じたりして、管理職手当がついても、給料が下がるという現象も一部で見られたが、今回は企業に課せられた義務としての労働時間の把握であるため、管理監督者であっても深夜勤務時間の残業代は支給する必要があるという、そもそも論となるのである。

しかし、企業としては支払い賃金を急激に上げることは、会社の死活問題になることから、当然、残業は抑制する方向となる。

一方、やるべき業務量に変化がないのなら、効率性を求めることとなるのが当然であろう。

さらに、「裁量労働制」の導入である。

裁量労働制が導入されたのは、1987年で、11の専門職に初めて適用された。しかし、今では、19業務に適用され、企業経営に関わる企画・立案・調査・分析などを担う労働者も対象となっている。これは、労使が事前に決めた「見なし労働時間」に基づいて支払われ、法定労働時間を超えても、残業代が支払われることはない。

所謂、能力主義で成果を出せば、8時間以内でも問題はない。

これまで日本では、年功序列・終身雇用の「日本的雇用」制度をとってきており、若い時の低賃金労働をキャリアの後半で取り返し、定年で満額の退職金を受け取ることで帳尻が合う仕組みになっていた。

 

本当は労働時間が問題なのではない。OECD 38カ国中日本は22位(上位になるほど労働時間が長い)であり、米国の方が一人あたりの労働時間が長いのである。

世界の潮流に合わせ、能力主義を取り入れる準備を始めているようにも見える。

 

寄稿者:冬虫夏草
長きに渡り、地方自治体における総合評価制度の実際の現場で評価に携わってきた
現在も総合評価制度を探究し、ゼネコンはじめ多くの建設企業から相談を受けている

全記事一覧に戻る

お問い合わせ

RSS配信について

サポーター会員募集

更に利便性が高まります!

  • 閲覧制限なし
  • 検索機能制限なし
  • 複数PCで利用できます

各種入札関連資料の収集に

ぜひご活用ください!

会員登録について

トピックス

NEWS

●ゴールデンウィークに伴う情報更新停止のお知らせ●
ユーザー各位
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】4月29日(水)~5月6日(水)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は5月7日(木)より登録されます。

NEWS

●営業時間短縮のお知らせ●
平素より建設資料館、弊社WEBサービスをご利用いただきまして、ありがとうございます。
新型コロナウイルス感染拡大防止等を受け、弊社の営業時間を下記のとおり短縮しております。この間、電話によるお問合せも下記のとおりとなります。ご利用の皆様には大変ご不便をおかけいたしますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。
■営業時間短縮
対応期間:4月13日(月)~4月28日(火) ※今後の状況によっては延長も検討
営業時間:10:30~17:30
建設データ株式会社

NEWS

現役税理士による建設業向け税金豆知識コラムをスタートします(週1掲載)。融資に強い決算書とは?、合理的な節税方法とは?など、経理面・税金面の「読んでみて少しタメになる話」を寄稿していただきます

NEWS

冬期休業に伴う情報更新停止のお知らせ
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】12月28日(土)~1月5日(日)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は1月6日(月)より登録されます。

NEWS

会員登録数が1400社を超えました!構成比率は一般土木建築38%、土木8.7%、電気7.5%、その他7.1%、以下、管、総合コンサルタント、建築、造園、舗装、電気通信、資材と続いています

人気の記事・コラム

PR

総合資格学院 通信講座実施中部資格学院

入札ネット公共工事入札情報サイト

都23区の民間建築情報 建築工事情報@mail

建設データ株式会社

アテンション

回線速度が遅い場合やご使用の機器の状態により、ファイルを開くのに時間を要する場合がございますので予めご了承くださいませ。