見たもん勝ち ~建設業応援団~

【土地政策】 「土地基本方針」新設で計画制度に管理の観点

2020/05/26建設時事

建設メール

 政府は26日、3月に成立・公布された土地基本法等の一部改正に伴い、新しい時代の土地政策の推進と地籍調査の円滑化・迅速化に向けた「土地基本方針」と「国土調査事業十箇年計画」を閣議決定した。新たに策定した土地基本方針は、人口減少時代に対応した土地政策の総合的な推進を図るため、関係省庁が一体性を持って土地政策を講じることができるよう、当面の施策の方向性を具体化したほか、土地に関する計画制度に管理の観点を追加している。
 所有者不明土地や放置土地が災害、事故につながり、防災・普及の支障となっている問題の解消に向け、土地が適正に利用・管理されないことで起こる課題に対応する個別施策を着実に展開していく。主な施策では▽低未利用地の適切な利用・管理を促進するための税制特例措置▽ランドバンクの活用等の推進▽管理不全の空き地・空き家対策の推進▽法務省による民法・不動産登記法改正の検討▽地籍調査の円滑化・迅速化▽オンライン化の取り組みも含めた各種台帳連携等による土地・不動産に関する情報基盤の整備・充実―などが盛り込まれた。
 また、2020年度以降の地籍調査等を迅速かつ効率的に実施するための国土調査事業十箇年計画では、10年間の国土調査の事業量を1万5000平方キロメートルと定めた。今回が第7次計画となり、新たな調査手続きの活用や地域特性に応じた効率的な調査手法の導入促進を通じて、第6次計画の実績と比較して1・5倍の進捗を目指す。国の機関が地籍調査の基礎とするために行う基本調査の面積は450平方キロメートルに設定した。
 加えて、新たに「優先実施地域での進捗率」を提示。現在の79%から10年後には87%を目指す。
 他にも土地分類調査について、引き続き地域の災害履歴等を調べることとし、基本調査の調査面積は人口集中地区と、その周辺を対象に2万平方キロメートルと定めた。

 

全記事一覧に戻る

お問い合わせ

RSS配信について

サポーター会員募集

更に利便性が高まります!

  • 閲覧制限なし
  • 検索機能制限なし
  • 複数PCで利用できます

各種入札関連資料の収集に

ぜひご活用ください!

会員登録について

トピックス

NEWS

●夏季休業に伴う情報更新停止のお知らせ●
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】8月8日(土)~8月16日(日)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は8月17日(月)より登録されます。

NEWS

●ゴールデンウィークに伴う情報更新停止のお知らせ●
ユーザー各位
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】4月29日(水)~5月6日(水)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は5月7日(木)より登録されます。

NEWS

●営業時間短縮のお知らせ●
平素より建設資料館、弊社WEBサービスをご利用いただきまして、ありがとうございます。
新型コロナウイルス感染拡大防止等を受け、弊社の営業時間を下記のとおり短縮しております。この間、電話によるお問合せも下記のとおりとなります。ご利用の皆様には大変ご不便をおかけいたしますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。
■営業時間短縮
対応期間:4月13日(月)~4月28日(火) ※今後の状況によっては延長も検討
営業時間:10:30~17:30
建設データ株式会社

NEWS

現役税理士による建設業向け税金豆知識コラムをスタートします(週1掲載)。融資に強い決算書とは?、合理的な節税方法とは?など、経理面・税金面の「読んでみて少しタメになる話」を寄稿していただきます

NEWS

冬期休業に伴う情報更新停止のお知らせ
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】12月28日(土)~1月5日(日)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は1月6日(月)より登録されます。

人気の記事・コラム

PR

総合資格学院 通信講座実施中部資格学院

入札ネット公共工事入札情報サイト

都23区の民間建築情報 建築工事情報@mail

建設データ株式会社

アテンション

回線速度が遅い場合やご使用の機器の状態により、ファイルを開くのに時間を要する場合がございますので予めご了承くださいませ。