見たもん勝ち

【就任会見】 石井国交相「生産性向上を進める」

2016/08/04インタビュー

建設メール

 3日に発足した第3次安倍改造内閣で留任が決まった石井啓一国土交通大臣(水循環政策担当)が同日夜に就任会見を開き、「引き続き国土交通省に関わるさまざまな課題に全力で取り組んでまいりたい」と二期目の抱負を語った。
 具体的には東日本大震災からの復興・創生の加速化、熊本地震からの復旧・復興、防災・減災対策、老朽化対策、耐震化対策など国民の安心・安全の確保に全力で取り組む姿勢をみせた。また、ストック効果を高める戦略的な社会資本整備も進める意向を示した上で、「国土交通省ならではの現場力をしっかりと生かして課題に取り組みたい」とした。
 石井大臣が打ち出した生産性革命元年の取り組みに関しては、「まだ緒に就いたばかりであり、今後はi-Constructionの推進など、これまで打ち出してきたプロジェクトの具体化を図るとともに、引き続き生産性向上の取り組みを進めていきたい」との考えを示した。
 安倍総理からは、国土強靭化の取り組みを進めて、地域経済発展の呼び水にするよう指示を受けたとし、「特にリニア中央新幹線など地方を結ぶ交通網の整備に積極的に取り組んで、地方創生回廊をつくり上げる。また、三世代の近居・同居を促進する住宅政策を検討し、実施する」と説明した。
 経済対策に盛り込まれたリニア中央新幹線の計画前倒しの経済効果を疑問視する声に対しては、「財政投融資を活用することでリニアの事業費が増えるわけではないが、名古屋―大阪間の着手期間が8年間前倒しになることで、沿線の民間投資を誘発する効果を期待したい」との見解を示した。
 昨年の関東・東北豪雨を踏まえて策定した水防災意識社会再構築ビジョンにも触れ、「堤防をつくれば必ず大丈夫ということではなくて、防災意識をもう一度高めていただき、ソフト・ハードを組み合わせて水害から生命・財産を守っていく必要がある。鬼怒川についても昨年の豪雨に耐えうる河川整備は行うが、昨年の豪雨以上の雨が降る可能性もあるので、ソフト対策も充実させる」とし、着実に取り組みを進める考えを強調した。

 

全記事一覧に戻る

お問い合わせ

RSS配信について

サポーター会員募集

更に利便性が高まります!

  • 閲覧制限なし
  • 検索機能制限なし
  • 複数PCで利用できます

各種入札関連資料の収集に

ぜひご活用ください!

会員登録について

トピックス

NEWS

会員登録数が1400社を超えました!構成比率は一般土木建築38%、土木8.7%、電気7.5%、その他7.1%、以下、管、総合コンサルタント、建築、造園、舗装、電気通信、資材と続いています

NEWS

建設業に携わる女性のコラムをスタートします(週1掲載)。特に建設現場での出来事や苦労した話、嬉しかったことや発見したこと、不思議に思っていることなど、『現場あるある』を自由に発信してもらいます

NEWS

9月20日から教育庁、警視庁、環境局など情報提供開始!!
本日より東京都の『開示済工事設計書等』のコンテンツを充実させるため発注者の拡充を図りました。
閲覧可能になった発注者は以下のとおりです。
●教育庁、●警視庁、●都住宅政策本部、●都生活文化局、●都産業労働局、●都環境局、●都総務局、●都福祉保健局、●中央卸売市場、●都病院経営本部、●都主税局、●交通局
これからも快適にご利用いただけるよう、一層の内容充実に努めてまいります。

NEWS

日頃は建設資料館をご利用いただき、誠にありがとうございます。8月27日に発生しました「各コンテンツのDLボタンを押すとセキュリティ証明書が切れている、とのエラー画面に遷移する」という障害について、原因、今後の対策について添付のとおりご報告させていただきます。既に障害は解消しておりますが、今後も再発防止に努めてまいります。皆様には大変ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。

2019 年8 月27 日より発生した障害に関するご報告

NEWS

夏季休業に伴う情報更新停止のお知らせ
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】8月12日(月)~8月18日(日)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は8月19日(月)より登録されます。

人気の記事・コラム

PR

総合資格学院 通信講座実施中部資格学院

入札ネット公共工事入札情報サイト

都23区の民間建築情報 建築工事情報@mail

建設データ株式会社

アテンション

回線速度が遅い場合やご使用の機器の状態により、ファイルを開くのに時間を要する場合がございますので予めご了承くださいませ。