見たもん勝ち ~建設業応援団~

【ズームアップ】 「ダムはムダ」なのか/コンクリートが人命守る

2020/09/16記者の目/論説

建設メール

 「コンクリートから人へ」をスローガンに掲げた政権交代の影響により、何かと目の敵にされてきたダムの存在が今、改めて見直されている。昨年の「令和元年東日本台風」では、試験湛水中だった八ッ場ダム(群馬県)をはじめとする下久保ダム(群馬県・埼玉県)など、利根川上流のダム群等で洪水を貯留したことで越水の回避につながったことは記憶に新しい。
 また九州地方を中心に甚大な被害をもたらした今年の「令和2年7月豪雨」でも完成済みのダムが洪水調節効果を発揮して、下流の市街地を守った事例が目立つ。例えば、大分県日田市市街地の上流にある松原ダムと下筌ダムでは、7月6日から8日の大雨によりダム上流域で628㎜の累加雨量を観測したが、異常洪水時防災操作を行って両ダムに福岡ドーム約15杯分の洪水を貯留し、下流の洪水被害を減らした。7月下旬の前線と低気圧の影響による豪雨では、山形県内の最上川水系で計画高水位を超える観測史上最高水位を更新したものの、寒河江ダムや白川ダム、長井ダムの洪水調節効果もあって下流の水位低下が確認されている。各ダムを視察した足立敏之参議院議員(自民党)は、ダムが大きな洪水調節機能を発揮して被害軽減につながったとし「ダムは効果があるという証し」と話す。まさに全国各地で「コンクリートが人命を守っている」のだ。
 1973年に完成した松原ダムと下筌ダムは、10年以上にわたり「蜂の巣城紛争」という反対運動が展開されたことで有名だが、今回、整備効果があることが証明された。八ッ場ダムに関しては、本体工事が入札公告された後に一旦中止が決まったが、流域の都県知事らの反対を受けて検証が実施され、結果的に事業継続が決まり、昨年度の完成に至った。
 そんな中、7月の豪雨により熊本県の球磨川で未曾有の被害が発生した。球磨川が流れる人吉盆地は球磨川本川と川辺川の合流点にあって水が集まりやすく、下流が狭窄部になっているため歴史的に浸水被害が頻発してきた。近年は川辺川ダムの事業中止に伴い「ダムによらない治水」の検討が進められていたが、抜本的な対策には至らず悲劇を招いてしまった。
 川辺川ダムを巡っては、流域の12市町村が県と国に対してダム建設を含めた洪水の検証を速やかに実施し「目標時期を定め川辺川ダム建設を含む抜本的な治水対策を講ずるべき」とする決議を行ったことを受け、8月下旬に球磨川の豪雨を検証する委員会が立ち上がった。検証結果を踏まえて出される結論は全国的に注目を集めている。
 今後の治水対策は、あらゆる関係者が流域全体で行う「流域治水」への展開が進む見通しで、ハード対策もソフト対策も重要となる。ダムカード、ダムカレー、ダム再生など、ダムを取り巻く環境は大きく変わった。本当に「ダムはムダ」なのか。水災害リスクが増大している令和の時代においては、地域の実情に応じ、各河川で真に必要な治水対策は何かを真剣に考える必要がある。間違っても行政の不作為や「人災」により、本来守ることができた命を守れないようなことがあってはならない。

 

全記事一覧に戻る

お問い合わせ

RSS配信について

サポーター会員募集

更に利便性が高まります!

  • 閲覧制限なし
  • 検索機能制限なし
  • 複数PCで利用できます

各種入札関連資料の収集に

ぜひご活用ください!

会員登録について

トピックス

NEWS

●夏季休業に伴う情報更新停止のお知らせ●
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】8月8日(土)~8月16日(日)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は8月17日(月)より登録されます。

NEWS

●ゴールデンウィークに伴う情報更新停止のお知らせ●
ユーザー各位
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】4月29日(水)~5月6日(水)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は5月7日(木)より登録されます。

NEWS

●営業時間短縮のお知らせ●
平素より建設資料館、弊社WEBサービスをご利用いただきまして、ありがとうございます。
新型コロナウイルス感染拡大防止等を受け、弊社の営業時間を下記のとおり短縮しております。この間、電話によるお問合せも下記のとおりとなります。ご利用の皆様には大変ご不便をおかけいたしますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。
■営業時間短縮
対応期間:4月13日(月)~4月28日(火) ※今後の状況によっては延長も検討
営業時間:10:30~17:30
建設データ株式会社

NEWS

現役税理士による建設業向け税金豆知識コラムをスタートします(週1掲載)。融資に強い決算書とは?、合理的な節税方法とは?など、経理面・税金面の「読んでみて少しタメになる話」を寄稿していただきます

NEWS

冬期休業に伴う情報更新停止のお知らせ
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】12月28日(土)~1月5日(日)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は1月6日(月)より登録されます。

人気の記事・コラム

PR

総合資格学院 通信講座実施中部資格学院

入札ネット公共工事入札情報サイト

都23区の民間建築情報 建築工事情報@mail

建設データ株式会社

アテンション

回線速度が遅い場合やご使用の機器の状態により、ファイルを開くのに時間を要する場合がございますので予めご了承くださいませ。