見たもん勝ち ~建設業応援団~

<税金豆知識> 建設業経営者がぜひとも利用すべき助成金や補助金制度

2020/10/08コラム

税金豆知識

建設業経営者がぜひとも利用すべき助成金や補助金制度

「人材の不足」は、多くの建設業経営者が抱える悩みのひとつではないでしょうか。しかし、どんなに新たな人材を雇い入れたくとも、雇い入れた後の人件費に不安があって踏み切れないという事業者も多いでしょう。また、思い切って雇い入れても人が定着しないという問題もあります。そういうときに、利用できる助成金や補助金制度を知っておくと便利です。ここでは建設業経営者が利用できる助成金や補助金制度について解説します。

人材の育成や維持に関するもの

最初に紹介する制度は「人材確保等支援助成金」です。年齢の若い従業員や女性従業員が会社にいた場合、その人材の離職を防ぐためのさまざまな試みに使った経費を助成する制度です。また、若年層や女性の従業員が入社するときに使用した経費に対しても、適用されます。次に「人材開発支援助成金」。これは、作業員の技能の向上や雇用環境の改善を図った際の経費に対して助成されます。この2つの制度は、経費全額に対して適用されるのではありません。「人材確保等支援助成金」はかかった経費の60%、「人材開発支援助成金」は経費の75%と、上限があります。

また、これらの助成金は助成対象が決められています。あくまでも、人材の定着や環境改善、技能向上などに使った経費と定められていますので、この定めに沿わないものは対象外です。制度の対象として分かりやすい例として、技能研修や技能検定にかかった費用があげられます。

人材の雇い入れに関するもの

人材を雇い入れる場合にも、適用できる助成金があります。例えば、「キャリアアップ助成金」です。この「キャリアアップ助成金」にはさらに、「正社員化コース」や「賃金規定等共通化コース」など、いくつかのコースが用意されています。いずれも、非正規雇用者の雇用条件や労働環境を、正規労働者に近づけた場合に適用されます。他にも、障害者や65歳以上の労働者を雇い入れた場合に申請ができる、「障害者雇用安定助成金」や「65歳超雇用推進助成金」などの制度もあります。

助成金や補助金を申請するには

助成金や補助金を利用する場合、基本的には利用する事業者が自ら申請を行うことが必要です。申請の窓口はハローワークが多いですが、制度によってさまざまですので、それぞれの制度をよく理解し、適切な窓口に行きましょう。また、特に雇い入れに関する助成金を利用したい場合、従業員を雇い入れる前から書類などをしっかりと準備して臨まないと、手続きがスムーズに進まないことがあります。助成金や補助金制度を実施している団体によく内容を確認して、準備を進めることが大切です。また、社会保険労務士などの専門家に相談するという方法もあります。

 

建設業経営者が利用できる助成金制度は意外と多い

 

人手不足や人材確保のための予算不足で、困っている建設業経営者は多いかもしれません。しかし、そういうときに建設業界が利用できる助成金や補助金制度は、探すと意外と数多くあります。また、利用申請のときには社会労務士などの専門家も力になってくれるでしょう。これまで制度利用をしてこなかった経営者は、この機会に利用を検討してみてはどうでしょうか。

 

寄稿者:税理士

現役税理士が、融資に強い決算書とは?、合理的な節税方法とは?など、経理面・税金面の「読んでみて少しでもタメになる話」を寄稿

 

全記事一覧に戻る

お問い合わせ

RSS配信について

サポーター会員募集

更に利便性が高まります!

  • 閲覧制限なし
  • 検索機能制限なし
  • 複数PCで利用できます

各種入札関連資料の収集に

ぜひご活用ください!

会員登録について

トピックス

NEWS

●夏季休業に伴う情報更新停止のお知らせ●
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】8月8日(土)~8月16日(日)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は8月17日(月)より登録されます。

NEWS

●ゴールデンウィークに伴う情報更新停止のお知らせ●
ユーザー各位
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】4月29日(水)~5月6日(水)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は5月7日(木)より登録されます。

NEWS

●営業時間短縮のお知らせ●
平素より建設資料館、弊社WEBサービスをご利用いただきまして、ありがとうございます。
新型コロナウイルス感染拡大防止等を受け、弊社の営業時間を下記のとおり短縮しております。この間、電話によるお問合せも下記のとおりとなります。ご利用の皆様には大変ご不便をおかけいたしますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。
■営業時間短縮
対応期間:4月13日(月)~4月28日(火) ※今後の状況によっては延長も検討
営業時間:10:30~17:30
建設データ株式会社

NEWS

現役税理士による建設業向け税金豆知識コラムをスタートします(週1掲載)。融資に強い決算書とは?、合理的な節税方法とは?など、経理面・税金面の「読んでみて少しタメになる話」を寄稿していただきます

NEWS

冬期休業に伴う情報更新停止のお知らせ
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】12月28日(土)~1月5日(日)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は1月6日(月)より登録されます。

人気の記事・コラム

PR

総合資格学院 通信講座実施中部資格学院

入札ネット公共工事入札情報サイト

都23区の民間建築情報 建築工事情報@mail

建設データ株式会社

アテンション

回線速度が遅い場合やご使用の機器の状態により、ファイルを開くのに時間を要する場合がございますので予めご了承くださいませ。