見たもん勝ち ~建設業応援団~

【セメント協会】 セメント系材料利用拡大へ/防災等で需要掘り起こし

2022/11/07業界動向

建設メール

 セメント協会は10月27日の重工業研究会との定例懇談会で、セメント系材料の利用拡大について説明を行った。コンクリート舗装の需要拡大やセメント系固化材の防災、減災へのさらなる活用に向けた発信を強化していく。
 「コンクリート舗装の普及推進のための3カ年行動計画」で組込まれている国土交通省と都道府県へのアプローチについて、国交省の直轄国道は2010年の4・3%から20年には5・1%まで採用比率が拡大した。協会では7月に丹羽克彦道路局長と要望書を手交し、現在は全国の地方整備局へ要望書手交、意見交換、技術講習会の開催提案などの活動を行っている。
 一方、地方自治体での10年から20年までの採用比率は1・3%程度で横ばいが続き、需要掘り起こしが必要であるとした。今後は各都道府県へのコンクリート舗装に関する状況調査を行い、意見交換の実施と関心の高い自治体には技術的サポートや講習会の開催を提案し、需要拡大を促していく。
 22年度は6県と意見交換会を行った。来年は10自治体との開催を目指す。設計コンサルタントへの講習会も併せて開催し、自治体への普及促進を目指す。特に交通開放型コンクリート舗装(1DAYPAVE)を活用の第一歩として積極的にアピール。汎用材料を使い1日の養生で早期交通開放が可能なのが特徴で、小規模舗装工事やアスファルトの補修工事にも適している。
 セメント系固化材は近年、高い販売数量を維持しており、多様な適用事例の紹介のため「適用事例報告書」を21年度に発刊し、協会HPでも公開している。実務者の手引きである地盤改良マニュアル第5版も21年度に発刊。ともに防災、減災への固化材の効果を発信し需要拡大を狙う。
 加えて河川堤防強化に着目。固化材による改良壁を活用した自立型河川堤防を広島大学と共同研究を行っており、越水後も天端の高さを維持できることを確認。実用化にむけ、経済的な改良方法を示した「河川堤防強化マニュアル」の整備を目標としている。

 

全記事一覧に戻る

お問い合わせ

RSS配信について

サポーター会員募集

更に利便性が高まります!

  • 閲覧制限なし
  • 検索機能制限なし
  • 複数PCで利用できます

各種入札関連資料の収集に

ぜひご活用ください!

会員登録について

トピックス

NEWS

●夏季休業に伴う情報更新停止のお知らせ●
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】8月11日(水)~8月16日(火)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は8月17日(水)より登録されます。

NEWS

●ゴールデンウィークに伴う情報更新停止のお知らせ(04/29~05/08)●
ユーザー各位
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】4月29日(金)~5月8日(日)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は5月9日(月)より登録されます。

NEWS

会員登録数が1600社を超えました!

構成比率は一般土木建築27%、指定なし7.9%、その他7.5%、土木7.4%、電気7.1%、以下、管、総合コンサルタント、舗装、建築、電気通信、資材と続いています。

NEWS

●冬期休業に伴う情報更新停止のお知らせ●
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】12月29日(水)~1月4日(火)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は1月5日(水)より登録されます。

NEWS

●夏季休業に伴う情報更新停止のお知らせ●
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】8月12日(木)~8月16日(月)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は8月17日(火)より登録されます。

人気の記事・コラム

PR

総合資格学院 通信講座実施中部資格学院

入札ネット公共工事入札情報サイト

都23区の民間建築情報 建築工事情報@mail

建設データ株式会社

アテンション

回線速度が遅い場合やご使用の機器の状態により、ファイルを開くのに時間を要する場合がございますので予めご了承くださいませ。