見たもん勝ち ~建設業応援団~

『見たもん勝ち!~建設業応援団~』は、建設業に関連した記事・コラムのページです。日本工業経済新聞社提供の建設時事・業界動向・テーマ取材記事(建設メールより抜粋)、建設業従事・関係者によるコラム掲載のほか、最新の積算ソフトや資格取得関連ニュースを紹介しています。

建設メール 1ヶ月間無料お試し実施中!

2022/04/21特集企画/PR

建設メール

【企業情報】 NTTグループらがカーボンニュートラル実現へ協業

 NTTアーバンソリューションズ、NTTファシリティーズ、NTT都市開発、NTTコミュニケーションズ、アズビル、ダイキン工業の6社は、カーボンニュートラル実現に向け...

掲載一覧

建設時事

建設メール

2021/01/08

【緊急事態宣言】 公共工事は事業継続/感染拡大防止策徹底を2021/01/08

 新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けて、政府が7日に首都圏の1都3県に対して緊急事態宣言を発令した。同日改正された同感染症対策の基本的対処方針では、引き続き緊急...

積算・資格news

建設メール

2021/01/07

【道建協】 舗装技術者資格試験は21年度新規受付せず2021/01/07

 日本道路建設業協会は、2021年度の舗装技術者資格試験について新規に受け付けを行わない方針を明らかにした。1級・2級舗装施工管理技術者、舗装診断士の資格試験に関し...

建設時事

建設メール

2021/01/07

【国立大学整備】 次期計画は5年間で所要額1兆500億円2021/01/07

 文部科学省の有識者会議が2021年度から始まる次期国立大学法人等施設整備計画策定に向けた最終報告をまとめた。25年度までの5年間で老朽改善整備、ライフライン更新、...

建設時事

建設メール

2021/01/07

【月間アーカイブ・12月】 国土強靱化を5年で加速へ2021/01/07

【12月のトピックス】  政府が「防災・減災、国土強靱化のための5か年加速化対策」を閣議決定した。2021年度から5年間で重点的に取り組む123対策を盛り、追加的に...

記者の目/論説

建設メール

2021/01/06

【国交省発足20年】 4省庁統合で総合力発揮/インフラ整備着実に2021/01/06

 2001年1月の省庁再編により建設省、運輸省、国土庁、北海道開発庁が統合し国土交通省が発足してから6日で20年が経過した。この20年間は政権交代、重要な法律の施行...

インタビュー

建設メール

2021/01/06

【インタビュー】 建設業振興基金 佐々木基理事長/新しい発想と行動が必要/処遇やキャリアパス提示を2021/01/06

 将来の建設業界を担う若手の確保・育成策について、建設業振興基金の佐々木基理事長は建設業界が人材を確保できるかどうかは、建設産業の死活問題にとどまらず「日本の浮沈に...

インタビュー

建設メール

2021/01/05

【新春インタビュー】 赤羽一嘉国土交通大臣/インフラ分野DX推進/新3Kへ取り組み加速2021/01/05

 赤羽一嘉国土交通大臣は2021年の新春インタビューで、防災・減災、国土強靱化に向けた新たな対策を重点的かつ集中的に実施して「防災・減災が主流となる安全・安心な社会...

記者の目/論説

建設メール

2021/01/05

<こぼれ話> 中央省庁再編から明日で20年2021/01/05

2001年1月に実施された中央省庁再編により、新たに国土交通省などが誕生してから明日で20年を迎える。01年に組織名称が変わって発足したのは「内閣府」「総務省」「財...

建設時事

建設メール

2021/01/05

【国交省人事異動】 不動産・建設経済局次長に吉田誠氏2021/01/05

国土交通省が1月1日付で発令した人事異動では、不動産・建設経済局次長に農林水産省の吉田誠氏が就任した。吉田氏は1990年東大法学部卒、91年農林水産省採用。大臣官房...

建設時事

建設メール

2020/12/28

【2020年を振り返る】 強靱化へ5か年加速化対策が決定2020/12/28

◎新型コロナウイルスの感染拡大  2020年は猛威を振るった新型コロナウイルス感染症を抜きに語ることはできない。公共事業の執行に大きな影響は見られなかったものの、国...

建設時事

建設メール

2020/12/25

【国交省幹部人事】 大臣官房長に瓦林康人氏/気象庁長官は長谷川直之氏2020/12/25

 国土交通省は2021年1月5日付で幹部人事異動を発令する。水嶋智・大臣官房長が6日付で鉄道建設・運輸施設整備支援機構の副理事長となることから、後任として瓦林康人・...

積算・資格news

建設メール

2020/12/25

【一級建築士試験】 「設計製図試験」は3796人が合格2020/12/25

 10月11日に全国58会場で行われた2020年一級建築士試験「設計製図の試験」の合格者が25日に発表された。実受験者数1万1035人のうち、3796人が合格し、合...

建設時事

建設メール

2020/12/25

【国交省】 入契手続きで押印省略/オンライン化を推奨2020/12/25

 国土交通省は入札・契約手続きにおける押印等の見直しについて、新たな運用を始める。押印を省略できる書類を定める一方で、オンライン化への移行を推奨している。  オンラ...

建設時事

建設メール

2020/12/24

【一人親方化問題】 偽装対策で現場入場制限の検討も2020/12/24

 社会保険加入や働き方改革の規制逃れを目的とした建設業の一人親方化対策等を探る国土交通省の検討会が24日に開かれ、中間取りまとめの素案が明らかになった。偽装一人親方...

建設時事

建設メール

2020/12/23

【国土交通省】 21年度に防災担当の審議官を新設2020/12/23

 2021年度の国土交通省組織・定員が決定した。組織の関係では新たに防災・減災、国土強靱化の取り組みの加速化・深化を図るため、大規模災害発生時の調整などを担当する大...

業界動向

建設メール

2020/12/23

【日建連】 4週6閉所は72%に増加/20年度上期週休二日実現行動計画2020/12/23

 日本建設業連合会(日建連)は「週休二日実現行動計画」の2020年度上半期フォローアップ報告書を公表した。全事業所の閉所状況は「4週6閉所以上」が72・4%(前年同...

建設時事

建設メール

2020/12/22

【国土強靭化関係予算】 21年度は国費総額4・4兆円を増額確保2020/12/22

 内閣官房が集計した関係府省庁における2021年度の国土強靭化関係予算案は国費総額4兆4036億円で、対前年度比1・09倍を確保した。うち公共事業関係費は前年度から...

建設時事

建設メール

2020/12/21

【農水省当初予算案】 21年度の公共事業費は6995億円を計上2020/12/21

 政府が21日に閣議決定した2021年度当初予算案のうち、農林水産省関係の予算によると、公共事業費は対前年度当初比6億円増の6995億円で、前年度と同水準を確保した...

建設時事

建設メール

2020/12/21

【国交省当初予算案】 21年度公共事業費は5・2兆円で微増2020/12/21

 政府が21日に閣議決定した2021年度当初予算案における国土交通省の予算は、国費総額が一般会計で5兆8981億円となり、うち公共事業関係費は前年度比20億円増加の...

建設時事

建設メール

2020/12/21

【21年度政府予算案】 通常分の公共事業関係費は6兆円を確保2020/12/21

 政府は21日に2021年度予算案を閣議決定した。注目の公共事業関係費は通常分が6兆695億円で、前年度当初比約26億円増加の微増とした。防災・減災、国土強靱化関連...

業界動向

建設メール

2020/12/18

【全中建】 公共事業の機動的実施を/土志田会長が菅首相へ要望2020/12/18

 全国中小建設業協会(全中建)の土志田領司会長は17日に総理大臣官邸を訪れ、菅義偉首相に「防災・減災、国土強靱化のための5か年加速化対策」の閣議決定に対するお礼を述...

積算・資格news

建設メール

2020/12/18

【施工管理技術検定試験】 21年度実施計画明らかに/制度見直し後の初試験2020/12/18

 国土交通省が2021年度に行う施工管理技術検定試験の実施計画が、18日付で官報に掲載された。改正建設業法に伴う技術検定制度見直し後、初の試験となり、従来の「学科試...

建設時事

建設メール

2020/12/17

【20年度第3次補正予算】 防衛省はインフラ基盤の強化に108億円2020/12/17

 政府の2020年度第3次補正予算案のうち、防衛省関係では自衛隊のインフラ基盤の強化に108億円を計上するなど、予算規模は3867億円となった。7月の豪雨災害等の教...

建設時事

建設メール

2020/12/17

【20年度第3次補正予算】 環境省は廃棄物処理施設整備に490億円2020/12/17

 政府の2020年度第3次補正予算案のうち、環境省関係では防災・減災、国土強靱化対策等で一般廃棄物処理施設の整備に490億円を計上し、地域のエネルギーセンターとして...

建設時事

建設メール

2020/12/17

【21年度予算大臣折衝】 防災・安全交付金に流域治水で3000億円を優先配分2020/12/17

 政府の2021年度予算案決定に向けた大臣折衝が17日に行われ、国土交通省関係では、あらゆる関係者が協働して取り組む「流域治水」の推進と整備新幹線の着実な整備の事業...

建設時事

建設メール

2020/12/17

【週休2日】 交替制モデル工事の適用拡大で発注者指定型も2020/12/17

 国土交通省は直轄工事における週休2日の取り組みについて、これまで受注者希望型で試行している「週休2日交替制モデル工事」を含めて受注者希望型を減らし、2021年度か...

建設時事

建設メール

2020/12/16

【20年度第3次補正予算】 法務省は耐震化・老朽化対策を推進2020/12/16

 政府の2020年度第3次補正予算案のうち、法務省関係では防災・減災、国土強靱化の推進に向けた安全・安心の確保に189億2700万円を計上するなど、予算規模は268...

建設時事

建設メール

2020/12/16

【20年度第3次補正予算】 厚労省は水道施設の耐災害性強化で390億円2020/12/16

 政府の2020年度第3次補正予算案のうち、厚生労働省関係では防災・減災、国土強靱化の推進など安全・安心の確保で水道施設の耐災害性強化対策等に390億円を盛り込んだ...

建設時事

建設メール

2020/12/16

【20年度第3次補正予算】 文科省は学校施設整備に2365億円2020/12/16

 政府の2020年度第3次補正予算案のうち、文部科学省関係では防災・減災、国土強靱化の推進に向けた安全・安心の確保として学校施設等の整備に2365億円を計上するなど...

建設時事

建設メール

2020/12/16

【20年度第3次補正予算】 農水省は国土強靱化関連に3658億円投入2020/12/16

 政府の2020年度第3次補正予算案のうち、農林水産省関係の予算規模は総額1兆519億円で、公共事業費が4549億円となる。国土強靱化等関連予算は合計3658億円を...

全記事一覧に戻る

お問い合わせ

RSS配信について

サポーター会員募集

更に利便性が高まります!

  • 閲覧制限なし
  • 検索機能制限なし
  • 複数PCで利用できます

各種入札関連資料の収集に

ぜひご活用ください!

会員登録について

トピックス

NEWS

●ゴールデンウィークに伴う情報更新停止のお知らせ(04/29~05/08)●
ユーザー各位
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】4月29日(金)~5月8日(日)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は5月9日(月)より登録されます。

NEWS

会員登録数が1600社を超えました!

構成比率は一般土木建築27%、指定なし7.9%、その他7.5%、土木7.4%、電気7.1%、以下、管、総合コンサルタント、舗装、建築、電気通信、資材と続いています。

NEWS

●冬期休業に伴う情報更新停止のお知らせ●
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】12月29日(水)~1月4日(火)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は1月5日(水)より登録されます。

NEWS

●夏季休業に伴う情報更新停止のお知らせ●
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】8月12日(木)~8月16日(月)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は8月17日(火)より登録されます。

NEWS

●ゴールデンウィークに伴う情報更新停止のお知らせ●
ユーザー各位
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】4月29日(木)~5月5日(水)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は5月6日(木)より登録されます。

人気の記事・コラム

PR

総合資格学院 通信講座実施中部資格学院

入札ネット公共工事入札情報サイト

都23区の民間建築情報 建築工事情報@mail

建設データ株式会社

アテンション

回線速度が遅い場合やご使用の機器の状態により、ファイルを開くのに時間を要する場合がございますので予めご了承くださいませ。