見たもん勝ち ~建設業応援団~

『見たもん勝ち!~建設業応援団~』は、建設業に関連した記事・コラムのページです。日本工業経済新聞社提供の建設時事・業界動向・テーマ取材記事(建設メールより抜粋)、建設業従事・関係者によるコラム掲載のほか、最新の積算ソフトや資格取得関連ニュースを紹介しています。

建設メール 1ヶ月間無料お試し実施中!

2024/05/28特集企画/PR

建設メール

【企業情報】 5社共同のインターンシップ/学生向けキャリア形成施策が表彰

アワード大賞を受賞  建設業界のインターンシップ共同実施プログラムは16日、第7回学生が選ぶキャリアデザインプログラムアワードで大賞を受賞した。同プログラムはLIN...

掲載一覧

記者の目/論説

建設メール

2017/04/11

【外国人建設就労者+記者の眼】 年度末までに2900人が入国予定2017/04/11

 国土交通省の外国人建設就労者受入事業では3月末までに入国した外国人就労者が1480人となった。3月単月では113人を受け入れた。受入建設企業の訪問・指導等を行う特...

記者の目/論説

建設メール

2017/04/06

〈壁耳〉 17年度予算は早期執行なし2017/04/06

記者 先月末に出された国土交通省の事務次官通達では2017年度事業の執行に際し、早期執行を図ることが盛り込まれませんでしたね。どうしてですか。 デスク 昨年度は「予...

記者の目/論説

建設メール

2017/04/05

【ICT土工事例集+記者の眼】 第2弾では測量業務の事例も紹介2017/04/05

 国土交通省は建設現場の生産性向上を図るi-Constructionの先行施策の一つであるICT土工事例集の第2弾を作成した。全国で進む具体的な取り組み事例として工...

記者の目/論説

建設メール

2017/03/31

〈建設論説〉 「金の切れ目が縁の切れ目」になる前に2017/03/31

 地域の建設業はなぜ必要なのか。最近は地域建設業に期待される役割として「地域インフラの担い手」「災害時の応急対応」「地域の基幹産業で雇用の受け皿」といった言葉を耳に...

記者の目/論説

建設メール

2017/03/27

【CIM+記者の眼】17年度から5分野対象に導入図る2017/03/27

 国土交通省は、社会資本の計画・調査・設計段階から施工、維持管理の各工程で3次元モデルを用いるCIMの導入ガイドラインを策定した。現行の契約図書に基づく2次元図面に...

記者の目/論説

建設メール

2017/03/21

【生産性向上+記者の眼】 コンクリートのスランプ値は17年度から12㎝を参考値に2017/03/21

 国土交通省が進めるi-Constructionの取り組みのうち、コンクリート工の規格標準化の第2弾として流動性を高めた現場打ちコンクリートの活用に関するガイドライ...

記者の目/論説

建設メール

2017/03/14

【低入札調査基準+記者の眼】 直接工事費の労務費算入率100%に2017/03/14

 国土交通省は2017年4月1日以降に入札公告を行う直轄工事を対象に低入札価格調査基準の運用を見直す。現場作業員の賃金等である労務費の算入率を、これまでの95%から...

記者の目/論説

建設メール

2017/03/13

【セミナー+記者の眼】 点検要領策定を機に舗装マネジメントを考える2017/03/13

 日本工業経済新聞社と全国地域活性化支援機構の共催による自治体向けセミナー、「これからの舗装マネジメントを考える」が10日、都内の都道府県会館で開催され、200人余...

記者の目/論説

建設メール

2017/03/09

〈こぼれ話〉 ドローンは凶器にもなる2017/03/09

 建設現場でドローンが活躍する機会が増えている。回転する4つのプロペラを使って自由に飛行するドローンだが、プロペラ自体は凶器にもなり得る。UAV技能者育成を手掛ける...

記者の目/論説

建設メール

2017/03/08

【ICT土工+記者の眼】 地方自治体でも44件実施2017/03/08

 国土交通省が進めるICT土工に準じて、2016年度には地方自治体でも2月末までに13団体でICT土工が158件公告され、44件で実施されたことが国交省の調査で分か...

記者の目/論説

建設メール

2017/03/06

〈建設論説〉 安易な「くじ引き」即刻止めよ2017/03/06

 新潟県新潟市で2016年度上半期に執行された工事入札における、くじ引き発生率が80・56%となり、前年同期比で15%近く上昇したことが明らかになった。総合評価方式...

記者の目/論説

建設メール

2017/02/28

〈建設論説〉 後継者なくして企業の存続なし2017/02/28

 国土交通省が設置した建設産業政策会議のワーキンググループにおいて、10年後の地域建設業の目指すべき姿の検討が始まった。なぜ今なのか。それは10年ほど前には検討でき...

記者の目/論説

建設メール

2017/02/28

【建設産業政策会議+記者の眼】 企業評価のあるべき姿探る2017/02/28

 国土交通省の建設産業政策会議におけるワーキンググループで、10年後を見据えた企業評価の検討が始まった。27日の初会合では企業評価全般や今後の経営事項審査(経審)に...

記者の目/論説

建設メール

2017/02/27

〈壁耳〉 業務でも履行期限平準化の動き2017/02/27

記者 国土交通省が業務の履行期限の平準化を図る方針を打ち出しましたが、狙いは何でしょうか。 デスク 簡単に言えば平準化が進む工事の発注に合わせて、設計などの業務発注...

記者の目/論説

建設メール

2017/02/24

〈こぼれ話〉 少し豊かな時間は過ごせたか2017/02/24

 今日から始まったプレミアムフライデー。国土交通省本省でも10時と15時の2回、「本日はプレミアムフライデーです。月末金曜日に日常より少し豊かな時間を過ごす取り組み...

記者の目/論説

建設メール

2017/02/24

【社会保険未加入対策+記者の眼】 直轄工事は4月から2次以下も加入者限定に2017/02/24

 国土交通省は直轄工事における社会保険等未加入対策を2017年度からさらに強化する。4月1日以降に入札契約手続きを行う全ての工事において、現在実施している1次下請業...

記者の目/論説

建設メール

2017/02/20

【全建事業計画+記者の眼】 創立70周年を迎えさらなる発展を2017/02/20

 全国建設業協会(全建、近藤晴貞会長)は20日、2017年度の事業計画を明らかにした。従来の事業を基本に、新年度では「創立70周年に向けた諸活動の展開」が盛り込まれ...

記者の目/論説

建設メール

2017/02/17

〈こぼれ話〉 技術士称号も地位向上を2017/02/17

 15日に開かれた建設コンサルタンツ協会の会見で、ある幹部は他の専門職との賃金比較について「技術士は高等学校教員より低い」と嘆いた。技術者賃金の現状について触れたも...

記者の目/論説

建設メール

2017/02/17

【業務の履行期限+記者の眼】 適正な期間確保し平準化を2017/02/17

 国土交通省は工事で施工時期の平準化が進む中、業務の履行期限も平準化する方策を検討している。当初履行期間の適切な設定に加えて、適正な履行期間を確保するための繰越の拡...

記者の目/論説

建設メール

2017/02/07

【地下空間の利活用+記者の眼】 安全技術確立へ議論開始2017/02/07

 昨年11月に福岡市で発生した道路陥没などの陥没事故や地下埋設物の損傷事故が相次いでいることを受け、国土交通省は地下空間の利活用に関する安全技術の確立に向けた有識者...

記者の目/論説

建設メール

2017/02/03

【単価見直し+記者の眼】 石井国交相「3月1日から新単価適用」2017/02/03

 石井啓一国土交通大臣は3日の閣議後会見で、公共工事設計労務単価と設計業務委託等技術者単価について3月1日から新単価を適用する考えを示した。具体的な改定内容に関して...

記者の目/論説

建設メール

2017/02/02

〈こぼれ話〉 カンブリア紀の大爆発2017/02/02

i-Construction推進コンソーシアムの会長に就任した小宮山宏氏(三菱総合研究所理事長)は1月30日の設立総会で、今から約5億5000万年前に起こった「カン...

記者の目/論説

建設メール

2017/02/01

【建設業就業者+記者の眼】 全体数減少も29歳以下は増加に2017/02/01

 総務省が発表した労働力調査(暦年平均)を基に国土交通省が算出した2016年における建設業就業者数は492万人で、うち技能労働者数は326万人となることが分かった。...

記者の目/論説

建設メール

2017/01/30

〈建設論説〉 安易な「くじ引き」即刻止めよ2017/01/30

 新潟県新潟市で2016年度上半期に執行された工事入札における、くじ引き発生率が80・56%となり、前年同期比で15%近く上昇したことが明らかになった。総合評価方式...

記者の目/論説

建設メール

2017/01/27

【生産性向上教室+記者の眼】 「まだ間に合いますよ」オンライン講座受講のススメ2017/01/27

 国土交通省が昨年12月に開講したオンライン講座「建設業生産性向上教室~日本の建設業を元気に!利益は現場から!~」は今月24日より最終章の配信が始まり、全12講座が...

記者の目/論説

建設メール

2017/01/27

【改良すべき踏切道+記者の眼】 第二弾で全国529カ所指定2017/01/27

 改正踏切道改良促進法に基づき、改良すべき踏切道の第二弾として新たに全国529カ所を国土交通大臣が指定した。国交省では昨年6月に課題のある踏切道として全国1479カ...

記者の目/論説

建設メール

2017/01/19

【茨城発+記者の眼】 県初のICT活用工事は施工者内容協議型で2017/01/19

 茨城県は初のICT活用モデル工事の一般競争入札を2件公告した。いずれも、つくば市内の宅地造成工事で管内に本店のある土木Aの単体企業が対象となる。発注方式には契約後...

記者の目/論説

建設メール

2017/01/18

【展望2017 ⑦】 4つの取り組みで施工時期平準化を2017/01/18

 先月閣議決定した政府の2017年度当初予算案において、公共工事の施工時期を平準化するために4つの取り組みを進め、建設現場の生産性向上を図る見通しになった。注目はゼ...

記者の目/論説

建設メール

2017/01/17

【展望2017 ⑥】 社会保険未加入対策は追加方策実施へ2017/01/17

 行政、元請・下請企業、建設労働者等で構成する社会保険未加入対策推進協議会は先月下旬、5年間の計画期間終了を受けた2017年度以降のスケジュールを決めた。17年度か...

記者の目/論説

建設メール

2017/01/16

【展望2017 ⑤】 適正施工確保へ変わる技術者制度2017/01/16

 国土交通省が設置した適正な施工確保のための技術者制度検討会では、技術者制度に関する課題を整理するとともに、今後の方向性を審議している。監理・主任技術者の配置・専任...

全記事一覧に戻る

お問い合わせ

RSS配信について

サポーター会員募集

更に利便性が高まります!

  • 閲覧制限なし
  • 検索機能制限なし
  • 複数PCで利用できます

各種入札関連資料の収集に

ぜひご活用ください!

会員登録について

トピックス

NEWS

●年末年始休業に伴う情報更新停止のお知らせ●
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】12月29日(金)~1月4日(木)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は1月5日(金)より登録されます。

NEWS

●夏季休業に伴う情報更新停止のお知らせ●
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】8月11日(金)~8月16日(水)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は8月17日(木)より登録されます。

NEWS

建設資料館サイトに不具合が発生し、アクセスできない障害が発生しておりました。復旧作業が完了し、現在は正常に稼働しております。
■障害の解消時間:2023/7/31(月) 12:00頃
■障害の内容:建設資料館(https://kd-file.jp/)アクセスできない
サイトが表示できなかった原因については、現在調査中です。ご不便とご迷惑をおかけいたしまして誠に申し訳ございませんでした。

NEWS

弊社オフィスビルの電気設備の法定点検実施のため、下記のとおり停電となります。
該当時間は電話お問い合わせ等のご対応が出来なくなります。
皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解ご協力をお願いいたします。

■停電日時
2023年6月22日(木) 10時から11時まで
※進捗状況によって予定時間が前後する可能性があります。

NEWS

●ゴールデンウィークに伴う情報更新停止のお知らせ(04/29~05/07)●
ユーザー各位
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】4月29日(土)~5月7日(日)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は5月8日(月)より登録されます。

人気の記事・コラム

PR

総合資格学院 通信講座実施中部資格学院

入札ネット公共工事入札情報サイト

都23区の民間建築情報 建築工事情報@mail

建設データ株式会社

アテンション

回線速度が遅い場合やご使用の機器の状態により、ファイルを開くのに時間を要する場合がございますので予めご了承くださいませ。