見たもん勝ち ~建設業応援団~

『見たもん勝ち!~建設業応援団~』は、建設業に関連した記事・コラムのページです。日本工業経済新聞社提供の建設時事・業界動向・テーマ取材記事(建設メールより抜粋)、建設業従事・関係者によるコラム掲載のほか、最新の積算ソフトや資格取得関連ニュースを紹介しています。

建設メール 1ヶ月間無料お試し実施中!

2024/07/10特集企画/PR

建設メール

【企業情報】 CO2を骨材固定/CPコンクリート技術に進展

CO2を固定した骨材  安藤ハザマ(東京都港区、国谷一彦社長)は、6月から灰孝小野田レミコン(京都市、山内和宏代表取締役)のCPセンターにおいて、太平洋セメント熊谷...

掲載一覧

建設時事

建設メール

2021/10/29

【関東整備局】 54橋梁でPC橋採用を/PC建協との意見交換会2021/10/29

 関東地方整備局は28日、プレストレスト・コンクリート建設業協会(PC建協、大野達也会長)との意見交換会を開催した。整備局は今回、年度工事量の安定的な確保に対して、...

建設時事

建設メール

2021/10/27

【流域治水関連法】 11月1日から全面施行へ2021/10/27

 あらゆる関係者が協働して取り組む流域治水の実効性を高めるため、5月に公布された「流域治水関連法」の施行期日が11月1日に決まった。7月15日から一部施行済みの部分...

建設時事

建設メール

2021/10/27

3次元点群データ活用し道路斜面災害のリスク箇所抽出へ2021/10/27

 国土交通省は、昨今の災害における被災事例を踏まえ、3次元点群データを活用した道路斜面災害リスク箇所の抽出要領(案)をまとめた。航空レーザ測量等によって取得した3次...

建設時事

建設メール

2021/10/26

【作文コンクール・国土交通大臣賞】 「私の未来施工計画」土田里沙氏(川瀬工業・新潟県)2021/10/26

 十年前の就職活動の際、私の選択肢に建設業は入っていなかった。私はアパレル関係の会社で7年間働き、結婚と出産を経て、これから先の自分の人生を考えた時に立ち止まった。...

建設時事

建設メール

2021/10/26

12月以降に竣工する直轄工事でオンライン電子納品を原則化2021/10/26

 国土交通省は、情報共有システム(ASP)上の電子成果品を、インターネットを通じて納品するオンライン電子納品について、12月1日以降に竣工する工事を原則として対象に...

建設時事

建設メール

2021/10/25

【作文コンクール・国土交通大臣賞】 「建設キャリアアップシステムが照らす建設産業の未来」小林朝幸氏(橋本電気工事・神奈川県)2021/10/25

 建設現場に行くと、実に様々な人びとに出会います。十代のころから職人として技を磨いてきた人、まったくの異業種から転職してきた人、外国から夢を求めてやってきた人などな...

建設時事

建設メール

2021/10/25

【厚労省調査】 高卒者の建設業離職率は3年以内が依然4割超2021/10/25

 高校を卒業して建設業に就職した人の42・7%が3年以内に離職していることが、厚生労働省のまとめで分かった。大学卒業者の離職率は28・0%となっている。2018年3...

建設時事

建設メール

2021/10/25

【道路定期点検】 技術性能カタログ拡充で新たに51技術掲載2021/10/25

 国土交通省は、5年に1度の頻度で義務化した道路施設の定期点検の際に活用できる「点検支援技術性能カタログ」を拡充した。昨年6月の時点で掲載した80技術に加え、国管理...

建設時事

建設メール

2021/10/21

【適正な施工確保】 技術者制度検討会で11月から議論2021/10/21

 国土交通省は、11月に「適正な施工確保のための技術者制度検討会(仮称)」を立ち上げる。担い手不足への懸念や生産性向上の必要性といった建設業における課題のほか、近年...

建設時事

建設メール

2021/10/20

【入札契約調査】 ダンピング対策の実施状況を深掘り2021/10/20

 入札契約適正化法に基づき、国土交通・財務・総務省が公共工事の発注者に対して行う本年度の入札契約手続き実施状況調査が始まった。10月1日時点における最新の基準や入札...

建設時事

建設メール

2021/10/19

【防災・減災対策】 強化事業推進費で110件に約134億円を配分2021/10/19

 国土交通省は本年度第2回目の防災・減災対策等強化事業推進費として、110件に対して国費134億3397万8000円の配分を決定した。大雨で浸水被害等が発生した地域...

建設時事

建設メール

2021/10/19

【建設投資見通し】 21年度は62・6兆円で近年最高に2021/10/19

 国土交通省は19日、2021年度における出来高ベースの投資額を推計した建設投資が、前年度比2・9%増の62兆6500億円となる見通しを明らかにした。20年度の減少...

建設時事

建設メール

2021/10/18

復興JV制度を新たなJVの類型に位置付けへ2021/10/18

 国土交通省は、東日本大震災の被災3県で試行している復旧・復興建設工事共同企業体(復興JV)制度について、今後発生し得る大規模災害の被災地域での施工確保対策とするた...

建設時事

建設メール

2021/10/15

経審改正でCCUS導入する元請け企業への加点を検討2021/10/15

 国土交通省は15日に開いた中央建設業審議会の総会で、経営事項審査(経審)の審査基準改正に向けた方向性を示した。建設業における①担い手の確保・育成②災害対応力の強化...

建設時事

建設メール

2021/10/14

官庁営繕工事は完成時の書類提出を原則電子に一本化へ2021/10/14

 国土交通省官庁営繕部は、営繕工事で受注者に提出を求める書類のうち完成時の書類である完成図、保全に関する資料、完成写真について原則電子としてデータでの提出に一本化す...

建設時事

建設メール

2021/10/13

市区町村のダンピング対策実施状況を地図上に「見える化」2021/10/13

 国土交通省は、昨年度に行った入札契約実施状況調査の結果のうち、市区町村におけるダンピング対策の取り組み状況を「見える化」した。各市区町村を対象に、昨年10月1日時...

建設時事

建設メール

2021/09/29

赤羽国交相が経審でCCUS活用の加点評価を検討する考え示す2021/09/29

国交省と4団体の幹部が参加した意見交換会  国土交通省の赤羽一嘉大臣と日本建設業連合会、全国建設業協会、全国中小建設業協会、建設産業専門団体連合会の建設業4団体幹部...

建設時事

関東地整発

2021/09/29

【関東整備局管内】 6都県が一般土木CランクでCCUS活用推奨モデル工事2021/09/29

管内の取り組み状況を関係者が確認した  関東地方整備局は28日、公共工事における建設キァリアアップシステム(CCUS)の活用・普及促進に向けた地方自治体と建設業団体...

建設時事

建設メール

2021/09/28

赤羽大臣がJRに河川橋梁の総点検要請/未然防止は最優先課題2021/09/28

赤羽大臣がJR6社の社長へ直接要請した  激甚化・頻発化する豪雨災害を踏まえ、国土交通省は鉄道橋梁のさらなる安全性向上を図るため、JR各社が参加する河川橋梁対策の検...

建設時事

建設メール

2021/09/27

【主要建設資材】 9月の需給動向も製材・型枠用合板が「ややひっ迫」2021/09/27

 国土交通省が生コン、鋼材、木材など7資材13品目を対象として9月上旬に実施した主要建設資材の需給・価格動向調査の結果、価格動向は異形棒鋼、H形鋼、木材(製材・型枠...

建設時事

関東地整発

2021/09/22

【関東整備局】 工事書類スリム化ガイド改定版は10月1日から適用2021/09/22

 関東地方整備局は、土木工事電子書類スリム化ガイドを改定した。インフラ分野のDX(デジタル・トランスフォーメーション)を推進するため、受発注者双方の働き方改革を目指...

建設時事

建設メール

2021/09/17

【建築基準法】 建築主事置く25万人以上の市に東京都府中市を追加2021/09/17

政府は17日、2020年に行った国政調査の結果を踏まえ、建築基準法に基づき建築主事を置かなければならない市に新たに東京都府中市を追加する政令の改正を閣議決定した。改...

建設時事

建設メール

2021/09/16

【デジタル庁】 デジタル改革推進へ年内に重点計画策定2021/09/16

 9月1日付で発足したデジタル庁では、デジタル社会形成基本法の規定に基づき、創設後初めての重点計画を策定する。年内の閣議決定を目指しており、策定に当たってはデジタル...

建設時事

建設メール

2021/09/15

円滑な施工確保で順調な事業執行続けよ/月間アーカイブ・8月2021/09/15

【8月のトピックス】  2022年度予算編成に向けた概算要求が8月末で締め切られ、過去最大の111兆円を超える要求額となった。国土交通省関係の一般会計は、国費総額で...

建設時事

建設メール

2021/09/13

【国交省人事異動】 不動産・建設経済局の官房審議官に増田嗣郎氏2021/09/13

 国土交通省が14日付で発令する人事異動では、厚生労働省から出向していた大臣官房審議官(不動産・建設経済局担当)の美濃芳郎氏が厚労省へ戻って大臣官房付となり、後任と...

建設時事

建設メール

2021/09/10

【国交省概算要求】 〈官庁営繕部〉既存官庁施設で脱炭素化2021/09/10

 国土交通省大臣官房官庁営繕部は2022年度予算概算要求で、対前年度当初比1・20倍となる210億3800万円の官庁営繕費を求めている。主な要求のうち、官庁施設の老...

建設時事

建設メール

2021/09/09

【国交省概算要求】 〈航空局〉需要回復へ受入環境整備2021/09/09

 国土交通省航空局の2022年度予算概算要求では、首都圏空港の機能強化などを図るため、空港整備勘定の歳出で前年度と同額の3919億円を要求している。  コロナ感染症...

建設時事

建設メール

2021/09/09

【国交省概算要求】 〈港湾局〉CNP形成計画の策定支援2021/09/09

 国土交通省港湾局の2022年度予算概算要求では、対前年度当初比1・19倍となる国費3066億円を要求している。港湾整備事業は1025億円、港湾海岸事業は144億円...

建設時事

建設メール

2021/09/09

市町村でも入札契約適正化の措置講じて2021/09/09

 原則全ての都道府県で都道府県公契連を開催するとした、本年度上期のブロック監理課長等会議における申し合わせに基づき、7月以降、各地で会議が始まっている。本年度は、9...

建設時事

建設メール

2021/09/08

【国交省概算要求】 〈鉄道局〉駅のバリアフリー化推進2021/09/08

 国土交通省鉄道局の2022年度予算概算要求では、対前年度当初比1・20倍となる1288億6200万円の国費を求めている。主な施策のうち、鉄道駅におけるバリアフリー...

全記事一覧に戻る

お問い合わせ

RSS配信について

サポーター会員募集

更に利便性が高まります!

  • 閲覧制限なし
  • 検索機能制限なし
  • 複数PCで利用できます

各種入札関連資料の収集に

ぜひご活用ください!

会員登録について

トピックス

NEWS

●年末年始休業に伴う情報更新停止のお知らせ●
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】12月29日(金)~1月4日(木)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は1月5日(金)より登録されます。

NEWS

●夏季休業に伴う情報更新停止のお知らせ●
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】8月11日(金)~8月16日(水)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は8月17日(木)より登録されます。

NEWS

建設資料館サイトに不具合が発生し、アクセスできない障害が発生しておりました。復旧作業が完了し、現在は正常に稼働しております。
■障害の解消時間:2023/7/31(月) 12:00頃
■障害の内容:建設資料館(https://kd-file.jp/)アクセスできない
サイトが表示できなかった原因については、現在調査中です。ご不便とご迷惑をおかけいたしまして誠に申し訳ございませんでした。

NEWS

弊社オフィスビルの電気設備の法定点検実施のため、下記のとおり停電となります。
該当時間は電話お問い合わせ等のご対応が出来なくなります。
皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解ご協力をお願いいたします。

■停電日時
2023年6月22日(木) 10時から11時まで
※進捗状況によって予定時間が前後する可能性があります。

NEWS

●ゴールデンウィークに伴う情報更新停止のお知らせ(04/29~05/07)●
ユーザー各位
建設資料館をご利用いただき、誠に有難うございます。
下記の期間につきまして、弊社休業のため情報更新を停止させていただきます。
【期間】4月29日(土)~5月7日(日)
上記の期間、情報の更新がされませんので、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。
なお、情報は5月8日(月)より登録されます。

人気の記事・コラム

PR

総合資格学院 通信講座実施中部資格学院

入札ネット公共工事入札情報サイト

都23区の民間建築情報 建築工事情報@mail

建設データ株式会社

アテンション

回線速度が遅い場合やご使用の機器の状態により、ファイルを開くのに時間を要する場合がございますので予めご了承くださいませ。